スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
沖縄勢での流行り言葉:4月辺
今月流行った言葉は間違いなく「いちネクガ^p^」

っていうかあのジャガさんが使っていたグッチさんが使っている(だったっけ?)関東のデッキビルダーが作ったとされるデッキが、某所の大会結果記事に1位で載ってて笑いました。
構築もほぼ同じっていうw


昨日の神愚さんとのオフ内容

シンクロキャットVSライトロード

私「墓地になんネクガありますか?」
神愚「1枚です」
私「いちネクガですか・・・考えます」
私「罠1枚セットエンド」

私「和睦の使者発動wwwもうデッキ切れ狙いますわww」
スポンサーサイト
04/30 19:39 | メモ的日記 | CM:3 | TB:0
放棄
読みあい放棄ってすごい楽で強いですね。
久々にスマブラで崩しにいくこと放棄しまくるプレイしたら、強くて超楽しかったですw

普段某さはらんさんと試合しまくってるせいで、DK使って相手フォックスのときですらひたすらブラスターの雨の中に突っ込んでいって崩すプレイしてたので、相手の土俵の上にあがらないプレイしたらとっても楽でしたw
毎回同じ人とやってると身内読み発生しまくってこうなるのでいけませんって話ですね(´ω`

昔の私ならそういった放棄プレイずっとしてたんだけどなぁ。
ブラスター封印プレイとかしだしてからかな、こう自分が不利要素付く中でのアンサーだす練習をしてるつもりがそのままそれが普通になってしまってたって感じですね。

ってことでスマブラで”強くなるプレイ”じゃなくて”強いプレイ”を久々に思い出した私なのでした
04/30 02:11 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
本日のトイパラ結果
デッキ名:アーカナイトorナチュル弾圧ビート(スーパー噛み合わせキャット)
使用者:すねーく

トイパラダイス具志川店公認大会上位入りならず/4.26

■メインデッキ40枚
【モンスター16枚】
1《ダーク・アームド・ドラゴン》
1《冥府の使者ゴーズ》
3《墓守の偵察者》
1《墓守の番兵》
2《召喚僧サモンプリースト》
2《レスキューキャット》
3《X-セイバー エアベルン》
1《N・ブラック・パンサー》
1《クリッター》
1《コアラッコ》

【魔法13枚】
3《貪欲な壺》
2《封印の黄金櫃》
1《死者蘇生》
1《大嵐》
1《ハリケーン》
1《サイクロン》
2《月の書》
2《我が身を盾に》

【罠11枚】
1《死のデッキ破壊ウイルス》
1《激流葬》
1《ダスト・シュート》
2《奈落の落とし穴》
2《王宮の弾圧》
2《トラップ・スタン》
2《威嚇する咆哮》


■サイドデッキ15枚
【モンスター9枚】
1《サイバー・ドラゴン》
2《ジャイアント・オーク》
1《逆ギレパンダ》
2《ライトロード・ハンター ライコウ》
3《D.D.クロウ》

【魔法2枚】
2《大寒波》

【罠4枚】
2《魔のデッキ破壊ウィルス》
2《砂塵の大竜巻》


■エクストラデッキ15枚
【シンクロモンスター14枚】
1《ミスト・ウォーム》
1《ギガンテック・ファイター》
1《メンタルスフィア・デーモン》
1《スターダスト・ドラゴン》
2《ダーク・ダイブ・ボンバー》
2《アーカナイト・マジシャン》
1《ゴヨウ・ガーディアン》
1《ナチュル・パルキオン》
1《氷結界の龍 ブリューナク》
1《マジカル・アンドロイド》
1《ナチュル・ビースト》
1《A・O・J カタストル》

【融合モンスター1枚】
1《キメラテック・フォートレス・ドラゴン》


■対戦結果
【1回戦】○/グッドスタッフ
【2回戦】×/メタビート/ダイキ
【3回戦】○/シンクロキャット
【4回戦】○/1ネクガ/スズット
【5回戦】××/シンクロキャット/ともろー
【6回戦】○×○/天使ビート




この構築は某所よりインスパイアを受けて3日前にできあがりました。正直普通にブン回すタイプの方が強いって言うのは分かってましたので、引きがうまくかみ合ったら勝ち・噛み合わなければ負けって感じでしたね。
大会終わった後でデッキ構築しなおしたんですが、私には剣闘獣が使えないと言うことが分かったので、普通に進化させたシンクロキャットに落ち着きましたw
猫剣闘獣組んだ時はAさんのシンクロキャットにフルボッコにされまくったんですが、元のシンクロキャットに戻したらかなり勝ち越したましよ!強靭無敵最強(主に我が身と威嚇が)!
04/27 02:06 | メモ的日記 | CM:3 | TB:0
明日バソ帰還
デッキ組まなければ…
04/21 14:57 | メモ的日記 | CM:3 | TB:0
納得の構築
今日暇人だったので掃除とかしていると、突然色々と思いだしたのでデッキ組みなおしました。
1人で回してみましたが、結構納得いくものに。

やっぱりネコは自己中くらいが一番いいですねwww



▼地雷デッキの話
先日大会で優勝した方は、東京から来た方で、こちらの環境にはないタイプのメタデッキを使用されており、結果としてメタ対象であるネコに4回も当たりうまく刺さったので1位を獲得しておられました。
んでもうそのデッキレシピは沖縄勢の方にアップしたのですが、このデッキのサイドチェンジについての話。

・地雷であることの特権をうまく考えた種類数
スキルドレイン、王宮の弾圧、群雄割拠、魔のデッキ破壊ウイルス、ライオウ、虚無魔人等、各種メタカードがメインとサイドに入っている構築なのですが、それらが全て2枚積みとなっている点。さらに付け加えると魔宮の賄賂と次元幽閉も2枚積みですね。
これは手札に同名カードがダブることによる事故を回避する意味以外にも、”色々な手を見せて相手を混乱させる”という意味もあるらしいです。
つまり、スキドレにしろ弾圧にしろライオウにしろ、必ずどんな強いカードにでも弱点はあるわけで、せっかくトップメタ対策でそれを使っても、それをさらに対策されては意味がない。なので、”色んな角度からのメタカードを積むことで、何を対策すればいいのか判断を鈍らせる”意味合いを持たせているというわけです。

・サイドチェンジも利用して混乱を誘う
さらにこの優勝者の方は、サイドチェンジのとき1戦目で相手に見せたカードだけ入れ替えることで、この”色んな角度からのメタカードを積むことで、何を対策すればいいのか判断を鈍らせる”という作戦を見事に遂行していました。
これは地雷デッキにしかできない所見殺しですね。非常にうまいと思いましたw

・プレイングの点でも
何がくるか分からない、という気持ちを相手に抱かせた上で、例えば意味もなく魔法カード1枚セットするだけでも大分相手側からすると心理的に攻めづらくなります。
それを上手く逆手に取ったプレイングの面での読みあいも必要になってきますね。
私は大会後優勝者の方とフリーデュエルもしたのですが、伏せてあるDDRが次元幽閉かなんかだと思って攻撃できずにいたらコアキメイルドラゴとか言うの出されてあと少しで負けそうになりましたw

・結論
トップメタ使う人はちゃんとメタビ対策の砂塵orお触れor大災害orスタン積むしか・・・
04/15 20:21 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
ぴーえす、ぴー
最近PSPプレイ中。
カルネージハートポーダブル面白いですカルポ。
ディシディアも少しプレイしました。セシルとスコールしか触っていません。このゲーム間違いなく動き早いキャラが強いでしょうw
04/10 01:29 | メモ的日記 | CM:2 | TB:0
BF:次のパックの話
少し時期が遅いですが次パックの話。
BFが前環境で言うところのシンクロダークの様な動きをしはじめますね。

レベル3チューナー(ゲイル等)+ダークグレファー+ヴァーユorシロッコorエルフェン

1.ダークグレファー出して手札切って墓地にヴァーユとシロッコorエルフェン落とす
2.ヴァーユ使って墓地シンクロ。
3.ゲイルも召喚してビート
4.メイン2でグレファーとゲイルをシンクロさせてDDBにして飛ばす

感想
・ダークグレファーもゲイルも手札から特殊召喚可能なのが強いですね。
・ヴァーユの墓地シンクロは異次元からの埋葬があることでさらに展開力を期待できます。
・相手の場をいかにしてなくすかが課題。先攻とって1ターン目から相手のエンドフェイズにゴッドバードが良いのかな
・最初のハンドがダークグレファー、ゲイル、ゲイル、ブラスト、シロッコorエルフェンならブラックローズぶっぱしてからの1キルも可能。ゲイルとブラストが自身のルール効果で特殊召喚可能なのは強い。
・そのシンクロのしやすさから魔デッキもメインで積めるのが強い

こんなところでしょうか
04/08 00:16 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
1ターン生き残るために
今流行りのネコデッキミラーマッチ戦でのクソゲー展開を生き残る手段について考えてみる。


・トラゴエディア
攻撃を凌いでくれる他、手札を多く持っている場合は逆転できたりもする強い子。
寒波からのラッシュをこれで止めて、相手が処理できずにエンドしたら返しのターンに即死カウンターすることもできる。DDBで飛ばして2000点は大きい。
攻めてるときには使えない点と、手札少ない場合はほぼ使えない点に注意。

・ネコマネキング
ライコウや偵察者の存在があるため、基本的にミラーマッチ戦ではラッシュをかける場合裏守備には効果破壊(主にアーカナイト)から入る。
それを読んでネコマネキングセットしてるとすごくおいしい状況ができたりする。
また、相手ターン内の魔デッキ対策や、エアベルンのハンデス対策にもなったりする。
レベル1獣族なのもポイント。

・ライフ・コーディネイター
相手がラッシュしかけてきたメイン2に、トドメでDDBがアーカナイト飛ばしたときとかに使えると神。
他の守る系のカードでは仮に生き残ったとしても、返しのターンに相手の場に残ったカードを除去しなければ無意味な延命となるので、返しの手札が他に必要になってくるが、このカードは単体で1:2交換が望めすぐに反撃にも移れる。
ミラーマッチでは相手がDDBの効果を発動した時くらいにしか使えない為、火力だけで8000点とられた場合には無力な点と、使えるシーンがあっても、相手がDDBの効果を使うということはこちらのライフポイントは残りわずかになっていると言えるため、ライフポイント的に厳しい戦いになる点に注意。

・ドラゴン・アイス、ファントム・ドラゴン
防ぎきれない場合が多く、使い勝手もそこまで良くない。
正直採用は期待できないカード。

・スケープ・ゴート
4枠壁を作れるのでラッシュを生き残りやすい。
自身のシンクロにおいてもサポートカードとなることができ、フリーチェーンなのが優秀。
魔法カードであるためサモプリのコストにもできる点が高評価。
地味にトークンは地属性獣族なのでコアラッコやナチュル・ビースト、ナチュル・パルキオンとのシナジーもあったりする。

・威嚇する咆哮、和睦の使者
とりあえず生き残れるフリーチェーン罠。
返しのターンに自信があるならこれで凌げば一番安定。
ただし相手が先に寒波等を発動していて、セットできなければ使えない点に注意。

・強制脱出装置
基本的には偵察者セット状態からのラッシュが多いため、相手が裏守備1体居る状況で寒波発動されたときに戻してしまうと、テンポを狂わせることができたりする。
自分が攻めている時に、相手がだしたトラゴ戻して無理やり攻めを続行したりもできる上、シンクロモンスターにも1発解答出来るため、相手が罠ネコ状態(ナチュル立てて奈落等をセットしている状況)のとき等でかなり活躍する。
むしろこっちがナチュル立ててこのカードをセットしておきたいものである。
ラッシュを完全に防げるわけではない点に注意すべきだが、テンポを取るという意味での汎用性は抜群。



エキストラターンに入った場合まで考えると、サイド向けなのは時間稼ぎになる罠カード達が優秀で、メイン向けなのはトラゴエディアとスケープ・ゴートって感じでしょうか。
04/05 10:19 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。