スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
大会レポ:トイパラカップ
■対戦結果
【0回戦】××/タイムオーバーデス/寝坊


前日の夜から当日の朝8時までかけて、和春さんアシュラマンさん双海真美さんたくあんさんと調整会して、
アシュラマンさんと六武衆ミラーの練習
双海さんと対旋風BF戦の練習をずーっとしてモチベMAXだっただけに、ちょっと仮眠したつもりがあーまんさんからのメールで目が覚めて時計見たら12時51分だったのはショックでした( ´д`)<9分で間に合うわけねぇー!

と言うことで気持ちを切り替えてから、3時半開始の方のマンガ倉庫那覇店へ。どうせポケモン勢だからトイパラでてないだろうとおもわれるAさんにも電話して連行しました。




【1回戦】六武衆/セイバー
1.門結束カゲキ影武者からのスタートを切られ、警告までみせられて即死。

2.大きな詰ませパターンはできないものの、先攻貰った分のアドバンテージで微有利を保ちつつ削りあう。途中思いもよらぬミラーフォースによりアドを失うが、何とか。

3.門師範師範2伏せからスタートされるも、こちら後攻パペプラ。月の書で逃げられたが、こちらも門カゲキ影武者キザンでトリシュを作り、相手の門を除去する。相手のシエンがなかなか倒せずに凌ぎ合うも、こちらの門が後半までずっと場に残ったおかげで最後には盛り返し。途中でミラフォ警戒してキザン1体だけ守備にして総攻撃したら本当にミラフォで、このファインプレイのおかげで勝てた感はある。

後攻からスタートで1戦目が典型的な負けパターン踏んだ時点でかなりきつい感じでしたが、サイドが強くて良かった。

×○○


【2回戦】旋風BF/シガミ
1.後攻1ターン目にカゲキ召喚した所に弾圧めくられたので投了。

2.初手が振るわず、カルート2回使われて死にかけるもなんとか。序盤のトリシューラが良い感じでした。相手が事故ってなかったら普通に負けてた。

3.初手サイクゴーズ門カゲキ狼煙活人剣術。サイクセットから相手のアタックに合わせてゴーズ展開してどうのこうの考えてたら死霊飛んできてきつい展開。完全に相手の伏せ読み違えて、魔デッキ撃たれて投了。あの時見切り発車してれば勝ってただけに勿体無い。

双海さんのBFにさんざんゴドバで分からされてたので警戒しすぎた点を反省。もしもカルート持ってて魔デッキならあのシーンでやってるはずだろとか決めつけたのが間違いでした。
トラゴーズはもうメインにもサイドにも入れないと思います。トラゴーズ引いてノーガードエンドしたらいつも死霊飛んでくる。リアルきつい。

×○×



と言うことで2落ち。敗因としてはプレイングにも問題がありますが、構築が前のめりすぎたのも問題でしたねw
一方Aさんはジャガ杯以来1ヶ月遊戯王触ってなかったくせに、ジャガ杯で使用したデッキのままで2位になってました。
Aさんの活躍のおかげであーまんさんに借りた覚えないものを返せたので良かったですww

後はトイパラ帰ってあーまんさんと六武衆の構築について話をしつつ、皆で食事して帰宅。
今後は寝落ちだけは避けたい。
スポンサーサイト
11/30 01:30 | メモ的日記 | CM:3 | TB:0
明日はトイパラカップ
頑張ろう。遊戯王やろうぜ!
11/27 21:38 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
六武衆:反省会
先日メインデッキを大幅に変更したとかいって、ぶっちゃけ試してみたい制限カードを適当に全部詰め込んで回してみただけでした。正直六武衆と言うデッキのプレイプランを考えたときにゴミレベルの構築です。
まぁあんな構築でも、マンガ倉庫のスイスではマッチ3-0できてよかったのですがw
と言うことで反省会




デッキ名「制限カードってすごいね。強いね。」

モンスター(14枚)
六武衆の露払い
六武衆の師範×3枚
六武衆の影武者×3枚
真六武衆-ミズホ
真六武衆-キザン×3枚
真六武衆-カゲキ×3枚

魔法(17枚)
六武衆の結束×3枚
六武の門×3枚
増援
紫炎の狼煙×3枚
死者蘇生
月の書×2枚
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚

罠(9枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
神の宣告
神の警告×3枚
激流葬
ダスト・シュート



とりあえず制限カードを詰め込みました的な構築。ゴーズを抜いてミズホを試してみました。
以下使用感

■今回試したカード
《真六武衆-ミズホ》
バックを触ることが出来、自身をリリース出来ない事が相手のパペプラに対する耐性ともなり得るのでワンチャン露払いよりも優先して良いのかなと思って試運転してみたカード。
攻め手を自ら失う時点でせっかくのハイビートによるクロックプランを自ら崩壊させてしまうのでデッキの方向性と噛み合わず、また上記の構築では活人剣術を採用していなかった為良いシーンをつくることができませんでした。

《ブラック・ホール》《激流葬》
1枚で1:2交換以上のアドバンテージを生み出す可能性を秘めていると言うことで採用してみたカード。特に《ブラック・ホール》は後攻1ターン目に握っていると先攻後攻の差を埋めることができ、また魔法カードなので最悪ランドオルスのハンドコストにもなるという言い訳ができる為問題ないかなと。
実際の所は、せっかくシエンを場に立てて除去&ビートの布陣を作ったのにトップドローでこれらを引くと邪魔で仕方ない。使いにくさの目立つ制限カード。

《奈落の落とし穴》《聖なるバリア-ミラーフォース-》
当初ミラーマッチでは使えないだろうと思い外していたのですが、食わず嫌いは良くないということで採用してみた札。
使用感としては《奈落の落とし穴》はアリかもしれない。自分のボードを妨害するわけでもなく、月の書と違いしっかり場外に飛ばしてくれるのでビートダウンによるクロックを刻む手助けになる。
ミラーマッチでのカゲキ影武者からのシエンを止めることができないが、逆に相手の師範を安全に除去できるので、こちらのシエンの布陣を突破しようと影武者+師範orキザンでせめて来る相手にはこのカードが有効。
ミラーフォースも相手によってはあり。

《ダスト・シュート》
なんとも言えません。発動すればチートレベルのはずの強さなのにこのデッキでは微妙。
勝てる時はこんなんなくても勝てるし、負けるときはあっても勝てない。
個人的にはこのカードをドローするより自分のデッキ回転率をあげる札をドローしたいので不採用かなぁ。


■今回抜いたカード
《冥府の使者ゴーズ》
プレイプランと合わないことが第一の理由で、それ以上の理由もないです。
強いものは強いんだけど、このデッキにおいては色々試した感じ、必要なさげ。

《諸刃の活人剣術》
上記の構築での負けパターンを考えたときに、こちらの攻め札が続かずデュエルが長引いてしまい1枚1枚のカードパワー差で押し切られてしまうシーンが多かったので、やはりこのカードは重要な要素。やってることが1ターン遅い代わりに2回連続発動できる死者蘇生。
門が絡まないときでもこのカードのおかげで回転率が上がるし、門が絡んでくるともはや止められないレベルで強い。チューナー含む2匹蘇生は頭おかしいとしか思えないし、アタッカー2匹蘇生で軽く3000以上のダメージ稼いでくれる(例:師範とカゲキ蘇生で3800)ので使用用途が幅広い。
平気で3積みできるレベルだと思います。なんで抜いたのか分からない。

《砂塵の大竜巻》
ミラーマッチや対BF戦等を見たときに非常に有用。
妨害くらわないなら基本的に現存するどんなデッキ相手にでもメインギミックの大量展開からビートダウンだけで勝利できるので、罠をあまり積まない相手に腐ろうが問題なし。
何枚か積むべきカードパワーはあると思います。

《六尺瓊勾玉》
テキストはどう見ても強いのですが、使うシーンが余り無い罠。
ずっとメインデッキで試してましたが、結論だけ言うとサイドデッキ向けかなぁという印象。流行りによりけりな部分も多い。好み。




活人剣術がとても重要なパーツだと再認識できたので再投入安定ですね。
微妙な制限カードをじゃんじゃん抜いて、六武衆として強いカードをもう少し採用していきたいところ。
ミラーマッチで負けるのが大嫌いなのでまず砂塵の大竜巻を3枚積むことからはじめようかな。
11/27 03:45 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
ツイッター表示プラグイン導入
PCから見たときに、左側のサイドバーから私のTwitterアカウントでのつぶやきを見れる様にプラグインを導入しました。
ちょっと設定分かんなくて時間かかったけど多分大丈夫なはず・・・ww

このブログの方は近況をまとめたり細かいレポート等を書くときに使用しますが、ツイッターの方はケータイから簡単につぶやけるので、外出中に思ったこと等をその場でメモする的な意味合いで主に使ってます。
内容は完全に遊戯王向けなので、スマブラ勢の方は見る価値ないですwwwサーセンww


■六武衆のゲームメイク:勝ちに繋がるセットパターンの意識
基本的な勝ちパターンとしては、最初のターンにシエン+アタッカー+召喚妨害罠の布陣を作り続け、2~4ターン程度に渡ってビートダウンを繰り返し勝つという物。
この時自分の手札にモンスターや活人剣術等の攻め札が多ければ、即キルまで詰めてもいいし、逆に攻め札が少ない時は相手の妨害罠が多いはずなので、そちらで妨害して数ターンに渡るビートダウンでクロックをかける。

デッキの構築上、六武衆ギミックと妨害罠しか入っていない為、「次のターンのドローがモンスターならそのターンでライフを削りきれるから勝ちだし、妨害罠ならその次のターンで勝ち」と言う状況が作り易い。

分かりやすい例を挙げましょう。
自分六武衆対相手旋風BF。使用デッキはこちらのメインデッキということにします。

自分1ターン目:《真六武衆-シエン》《六武衆の師範》《神の警告》《月の書》《砂塵の大竜巻》の布陣。
相手1ターン目:《BF-疾風のゲイル》を召喚してくるもこれを警告で妨害。2伏せエンドにエンド砂塵で1枚割る。
自分2ターン目:《真六武衆-シエン》と《六武衆の師範》で総攻撃し、4600ダメージ。残り3400。ドローしたサイクロンを伏せてエンド。
相手2ターン目:《BF-蒼炎のシュラ》召喚から攻撃をしかけてくるもこれを月の書で寝かす。1枚罠を足すもこれをエンドサイクで割る。

この様な状況になったとします。ここで次の自分の3ターン目のドローフェイズ。
相手のライフは3400。場には裏守備の《BF-蒼炎のシュラ》とセットされた罠が1枚。
相手の伏せは《真六武衆-シエン》によって無効にできるわけですから、実質シュラ裏守備のみと考えて良いでしょう。
ここで自分がドローしたいカードの候補としては、《六武衆の影武者》《六武衆の師範》以外の六武衆モンスター全てと《死者蘇生》。引けばこのターンでライフ3400削って勝ちです。
しかし、ここで《神の警告》等の妨害札を引いたとしてもこのターンでライフを0に出来ない代わり、次のターンでの勝利がほぼ約束される形になります。
そうなると、このターンで引けば詰みとなるカードは残るデッキ33枚の内

六武衆の露払い
真六武衆-キザン×3枚
真六武衆-カゲキ×2枚
増援
紫炎の狼煙×3枚
死者蘇生
月の書×1枚
神の警告×2枚

上記の14枚。少し例外的ですが《諸刃の活人剣術》や《六尺瓊勾玉》まで計算すると18枚です。約半分。
もしも初動に《六武の門》や《六武衆の結束》が絡んでいたらもっと詰みは確実な物になりますし、この「次のターンのドローがモンスターならそのターンでライフを削りきれるから勝ちだし、妨害罠ならその次のターンで勝ち」って言うのは本当に強い。
こういうゲームメイクをどれだけ行うことができるかにかかっているので、そういう構築を目指したいところ。
11/26 06:16 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
六武衆:近況色々
こんにちは、”後攻でも2回に1回は勝てる六武衆”を構築する事を目標にしたすねーくはーとです。

六武衆のおはなし

■マンガ倉庫那覇店非公認大会に参加
ここ二週にわたって2回行きました。水曜日の夜にやってるスイスドロー3回だけの非公認。
先週は
【1回戦】○×○/デブリライロ
【2回戦】○○/クイックデブリ
【3回戦】○○/旋風BF

今週は
【1回戦】×○○/旋風BF
【2回戦】○×○/旋風BF/ペルセウス
【3回戦】×○○/インフェルニティ/楽天

マッチでは全部勝ててますがやはり後攻をとった試合は負けてしまっている事が多い。
現に楽天さんとの試合の負け星以外は全部自分後攻での負け星。
どうにかしないと。

■野試合も負け越し
野試合では基本的に後攻でやらせてもらってる事が多いです。
今期は後攻でいかに勝つかを煮詰めたいと思います。
後攻とるとミラーマッチは勿論のこと、対BF戦でもクイックデブリ戦でも負け越しちゃうのでその辺をどうにかしたい。

■構築変えた
メインデッキを大幅に変更。
7枚くらい変えたことになるかな。後攻で強いカード模索して言った結果、普通にパワーカードが多くなりました。制限カードってすごいね。強いね。
現在は3枚、また変更しようかどうか考え中。

■ミラーマッチ戦への理解の向上
たくあんさん、楽天さん、ロマンスさんとの六武衆ミラーや
構築やプレイングに関してのお話をよくさせていただいてます。
やっぱり色んな意見があって参考になる。ここ数日で経験値もたくさん溜まったし、もっと強くできそうな感じがした。
ミラー戦のサイドチェンジ案については、やっぱりどう考えても現状一番効果的なのはあの裏守備っぽい。他のどのメタカードに踏まれても強い。この辺はもう少し試していくべきか。

そんな感じ。六武衆以外全く触ってないです(´w`
11/25 04:36 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
六武衆ミラーにおける先攻ゲーの所以
ちょいと六武衆ミラーを50戦くらいしてきました。と言ってもデュエル数ですけど。
色々と分かったことがあってよかった。
サイドチェンジ内容によって勝率の変化は出せるものの、先攻が有利なのは依然として変わらず、これを覆す有効な札は現状において見い出せていません。


■先攻有利の構造

1.先攻1ターン目の時点で圧倒的な有利の確保
よく目にする先攻1ターン目《六武の門》《真六武衆-シエン》《六武衆の師範》という布陣。他に罠を伏せずとも、この状況を作られるだけで後攻側の六武衆はとても不利。
以下、なぜこの3枚の布陣を作られるだけで不利なのかを解体して解説。

2.真六武衆-シエンの存在
《真六武衆-シエン》は現状存在するレベル5のシンクロモンスターでは最強のスペックを誇るカードである。
単騎で1ターンに1度、ノーコストで魔法罠をカウンターできる上、打点は《マジカル・アンドロイド》を超える2500打点。そして闇属性なので《A・O・J カタストル》にも負けないという、最高峰のシステムクリーチャーだ。
六武衆のミラーマッチにおいては、アドバンテージの確保源である《六武の門》《六武衆の結束》や初動を安定させる為の《紫炎の狼煙》《増援》が全て魔法カードである為、相手に先に《真六武衆-シエン》を出された場合、自分は始動するに当たってこの重要なカード群のうちどれか1枚を無償で捨てざるを得なくなるシーンが起こりうる。
現状この2500打点を超える事のできるモンスターは六武衆ミラーに置いて、《A・O・J ディサイシブ・アームズ》《氷結界の龍 トリシューラ》《ゴヨウ・ガーディアン》等くらい。
前述の通りレベル5では良くても《真六武衆-シエン》で相打ちしか狙えず、レベル7に至っては2500打点を超えるモンスターが1枚も存在しない。
これだけのスペックを抱えているにも関わらず、さらに身代わり効果持ちな為、隣に六武衆モンスターが存在する場合、例え《ゴヨウ・ガーディアン》を出そうが戦闘破壊すら叶わない。
これだけ突破する事が困難な《真六武衆-シエン》。これが第一の先攻有利要素。

3.六武の門の存在
相手フィールド上に存在する《六武の門》はミラーマッチにおいては非常に厄介な要素で、例えば上記の様に《六武の門》《真六武衆-シエン》《六武衆の師範》の布陣を固めた相手に対し、こちらが《ゴヨウ・ガーディアン》と《六武衆の師範》を並べ総攻撃、結果として相手の《真六武衆-シエン》を奪うことに成功したとする。
この時点でフィールド上では《六武衆の影武者》《真六武衆-キザン》《六武衆の師範》の3体+相手から奪った《真六武衆-シエン》の計4回に渡る六武衆の召喚・特殊召喚が行われたことになる。
結果として相手フィールド上の《六武の門》に武士道カウンターが8個貯まり、最低でも2枚の六武衆モンスターをノーコストでサーチすることができるようになる。
そうなると返しのターンに《氷結界の龍 トリシューラ》を出されたり、再度《真六武衆-シエン》《六武衆の師範》の布陣を作られ、《六武の門》によって《真六武衆-シエン》の攻撃力をアップした状態でこちらの《ゴヨウ・ガーディアン》と守備表示の《真六武衆-シエン》が簡単に戦闘破壊される光景を容易に想像できる。
このように、相手フィールド上に《六武の門》が存在する場合に、下手にこちらが展開してしまうと、逆に相手にアドバンテージを獲得させてしまう形になるため、《六武の門》をケア出来ない行動は全てNGとなる。
放っておいてもどんどん自分からアドバンテージを発生させることが出来、また相手の半端なアクションを許さない。これが第二の先攻有利要素。

4.六武衆の師範の存在
破壊耐性持ちの高打点、ノーコストで魔法罠を無効にできる恐ろしいシステムクリーチャーの《真六武衆-シエン》。
存在するだけでお互いの召喚がそのままアドバンテージ発生源となる《六武の門》。
この2種の厄介な存在を同時に解決する手段。これが六武衆に置いては1枚のシンクロモンスターで行うことができる。
《ブラック・ローズ・ドラゴン》。
《六武衆の影武者》と《六武衆の師範》で簡単にシンクロ召喚を行うことが出来、ボードアドバンテージ全リセットによって《六武の門》も、身代わり効果持ちの《真六武衆-シエン》でさえも全て破壊する事ができる。
この上ない解決方法であり、むしろこのカード以外での突破はほぼ困難を極めるのであるが、ここにきて今度は相手の《六武衆の師範》の存在が問題になってくる。




やっぱり眠くなったので終わり。
要は安定した返しがブラックローズしかないけど、そしたら師範の回収によって結局アド差としては負けているし、月の書や神の警告等の妨害札が絡んでくると突破は困難を極めるからあんなシーン作られたらさっさと畳んだほうが良いっていうお話。
こんな誰得な小学生用の文章書くよりも、サイドチェンジ後に後攻とって勝てる方法模索しないといけないなぁ(´д`
11/23 03:41 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
殴り書き
■びかすさんまじびかす
http://hamusoku.com/archives/3764379.html

先日このブログでも少し取り上げた例のカレー店の記事。
大盛況wwwすごすぎるwww


■スマブラ
最近またよくオフする。
とても楽しいのはいいのだけれど、目が痛くなるわ頭痛するわで結構大変な件。
目薬でも買おうかしら。
最近ではオリチさんのファルコンがその辺のネトスマで見かけるファルコンよりはフォックス対策しっかりできるようになってので、とても殺伐としたストレスゲーを楽しんでおりますw


■遊戯王
六武衆ミラーがとても楽しそう。飽きるまでやり続けたい。
これ完全先攻ゲーとか言ってる人はアンデロードや猫剣闘獣ミラーをやったことがあるのだろうか。
サイドチェンジ後の読み合いがアツい。超楽しい。

あと某所の大会決勝の六武衆ミラーマッチの動画3つとも見たけれど、(こんな事言うのは問題かもしれませんが)正直プレイングがアレすぎて見る価値がなかったです。参考にならなくて残念。
発売前から情報はでてるんだから、最低限のDO等で一人回しすることで練習できる分のプレイングくらいしっかり覚えてできてないと、叩かれても仕方ないんじゃないかなーって思いました。
11/21 20:38 | メモ的日記 | CM:2 | TB:0
スリーブのおはなし
ヘキサゴンスリーブオーバーガードZを購入したので試してみましたが、ダメでした。

今現在は

竜の紋章 ゴールドVer.

おやつスリーブH・Y

フォーラムスリーブ(クリア)

の3重にしているのですが、ヘキサゴンスリーブはフォーラムの上から被せる事のできる大きさで、オーバーガードZはヘキサゴンスリーブの上から被せることができるけれどきつくてふにゃふにゃになっちゃう感じ。
ヘキサゴンスリーブを使用するのであれば、その上にヘキサゴンスリーブを保護する為の大きなクリアスリーブが必要となってきますが、オーバーガードZでダメならどうしましょうかね・・・。
11/21 11:41 | メモ的日記 | CM:2 | TB:0
あまり遭遇しない門結束からのパターン
■《六武の門》+《六武衆の結束》+《真六武衆-カゲキ》+《六武衆の露払い》

1.《六武の門》《六武衆の結束》を発動、《真六武衆-カゲキ》《六武衆の露払い》召喚(武士道カウンター:計6個)
2.《六武の門》効果により《六武衆の師範》をサーチ(武士道カウンター:計2個)
3.《六武衆の師範》を特殊召喚(武士道カウンター:計5個)
4.《六武の門》効果により《真六武衆-キザン》をサーチ(武士道カウンター:計1個)
5.《真六武衆-キザン》を特殊召喚(武士道カウンター:計4個)
6.《六武の門》効果により《真六武衆-キザン》をサーチ(武士道カウンター:計0個)
7.《真六武衆-キザン》を特殊召喚(武士道カウンター:計3個)

結果
フィールド上:《真六武衆-カゲキ》《六武衆の露払い》《六武衆の師範》《真六武衆-キザン》《真六武衆-キザン》
《六武の門》:武士道カウンター2個
《六武衆の結束》:武士道カウンター1個


このパターンのメリットとしては、この並べ方をした場合に、相手モンスターが1体居たとしても《六武衆の露払い》自身をリリースし除去することで、残る4体のモンスターの総攻撃により総火力が丁度8000になるという点。六武の門による単体強化効果まで使えば8500。
《真六武衆-カゲキ》《六武衆の影武者》からの《真六武衆-シエン》を並べていくパターンとは違い、直接勝利に直結するので、手札に《ハリケーン》等を握っている場合は、《紫炎の狼煙》のサーチ先を《六武衆の露払い》にして狙ってみてもいいかもしれない。
11/20 02:00 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
六武の門を絡めたパターン
【六武衆】におけるキーカードである《六武の門》。
このカードが絡んだ場合に実戦でよく見られる大量展開の手順を大まかにセットパターンとして覚えておくと、実際の状況になった時に無駄に時間をかけたり迷ったりせずに済みますよね。
という訳でいくつかのパターンをメモ。





■《六武の門》+《真六武衆-カゲキ》+《六武衆の影武者》

1.《六武の門》を発動、《真六武衆-カゲキ》《六武衆の影武者》召喚(武士道カウンター:4個)
2.《六武の門》効果により《六武衆の師範》をサーチ(武士道カウンター:0個)
3.《真六武衆-シエン》をシンクロ召喚、《六武衆の師範》を特殊召喚(武士道カウンター:4個)
4.《六武の門》効果により、デッキから《真六武衆-キザン》をサーチ(武士道カウンター:0個)
5.《真六武衆-キザン》を特殊召喚(武士道カウンター:2個)

結果
フィールド上:《真六武衆-シエン》《六武衆の師範》《真六武衆-キザン》
《六武の門》:武士道カウンター2個

※1,2



■《六武の門》+《六武衆の結束》+《真六武衆-カゲキ》+《六武衆の影武者》

1.《六武の門》《六武衆の結束》を発動、《真六武衆-カゲキ》《六武衆の影武者》召喚(武士道カウンター:計6個)
2.《六武の門》効果により、《六武衆の師範》をサーチ(武士道カウンター:計2個)
3.《真六武衆-シエン》をシンクロ召喚、《六武衆の師範》を特殊召喚(武士道カウンター:計8個)
4.《六武の門》効果により、デッキから《真六武衆-キザン》を2枚サーチ(武士道カウンター:計0個)
5.《真六武衆-キザン》を2体特殊召喚(武士道カウンター:計6個)

a6.《六武衆の結束》効果によりデッキから2枚ドロー(武士道カウンター:計4個)
a7.《六武の門》効果により、デッキから六武衆と名の付いたモンスターカードをサーチ(武士道カウンター:計0個)

b6.《六武の門》効果により、デッキから《真六武衆-キザン》をサーチ(武士道カウンター:計2個)
b7.《真六武衆-キザン》を特殊召喚(武士道カウンター:計5個)
b8.《六武衆の結束》効果によりデッキから1枚ドロー(武士道カウンター:計4個)
b9.《六武の門》効果により、デッキから六武衆と名の付いたモンスターカードをサーチ(武士道カウンター:計0個)

結果 a
フィールド上:《真六武衆-シエン》《六武衆の師範》《真六武衆-キザン》×2
《六武の門》:武士道カウンター0個
手札:《六武衆の結束》による2ドロー、《六武の門》によってサーチした六武衆1枚

結果 b
フィールド上:《真六武衆-シエン》《六武衆の師範》《真六武衆-キザン》×3
《六武の門》:武士道カウンター0個
手札:《六武衆の結束》による1ドロー、《六武の門》によってサーチした六武衆1枚

※3,4



■《六武の門》2枚+《六武衆の結束》+《真六武衆-カゲキ》+《六武衆の影武者》

1.《六武の門》《六武衆の結束》を発動、《真六武衆-カゲキ》《六武衆の影武者》召喚(武士道カウンター:計10個)
2.《六武の門》効果により、《六武衆の師範》をサーチ(武士道カウンター:計6個)
3.《真六武衆-シエン》をシンクロ召喚、《六武衆の師範》を特殊召喚(武士道カウンター:計16個)
4.《六武の門》効果により、デッキから《真六武衆-キザン》を2枚サーチ(武士道カウンター:計8個)
5.《真六武衆-キザン》を2体特殊召喚(武士道カウンター:計18個)

結果
フィールド上:《真六武衆-シエン》《六武衆の師範》《真六武衆-キザン》《真六武衆-キザン》
《六武の門》:武士道カウンター計16個
《六武衆の結束》:武士道カウンター2個

ここから《六武衆の結束》による2ドロー+《真六武衆-キザン》をサーチ&特殊召喚しても《六武の門》の武士道カウンターが16個余る状況。
後続の六武衆を4枚サーチするも良し、攻撃力を合計4000アップさせるも良し。
※3



■《六武の門》+《六武衆の影武者》+《六武衆の師範》(or《真六武衆-キザン》)

1.《六武の門》《六武衆の結束》を発動、《六武衆の影武者》召喚、《六武衆の師範》特殊召喚(武士道カウンター:4個)
2.《六武の門》効果により《真六武衆-キザン》をサーチ(武士道カウンター:0個)
3.《真六武衆-キザン》を特殊召喚(武士道カウンター:2個)
4.任意のシンクロ召喚(《六武衆の影武者》+《六武衆の師範》or《真六武衆-キザン》)

結果
フィールド上:レベル6or7シンクロモンスター、《六武衆の師範》or《真六武衆-キザン》
《六武の門》:武士道カウンター2個

※5,6,7



■《六武の門》+《六武衆の結束》+《六武衆の影武者》+《六武衆の師範》(or《真六武衆-キザン》)

1.《六武の門》を発動、《六武衆の影武者》召喚、《六武衆の師範》特殊召喚(武士道カウンター:計6個)
2.《六武の門》効果により《真六武衆-キザン》をサーチ(武士道カウンター:計2個)
3.《真六武衆-キザン》を特殊召喚(武士道カウンター:計5個)
4.任意のシンクロ召喚(《六武衆の影武者》+《六武衆の師範》or《真六武衆-キザン》)
5.《六武の門》効果により、シンクロ素材に使用した《六武衆の師範》または《真六武衆-キザン》をサーチ(武士道カウンター:1個)
6.サーチしたモンスターを特殊召喚(武士道カウンター:計4個)

a7.《六武衆の結束》によりデッキから2枚ドロー(武士道カウンター:計2個)

b7.《六武の門》効果により、デッキから《真六武衆-キザン》をサーチ(武士道カウンター:計0個)
b8.《真六武衆-キザン》を特殊召喚(武士道カウンター:計3個)
b9.《六武衆の結束》効果によりデッキから1枚ドロー(武士道カウンター:計2個)

結果 a
フィールド上:レベル6or7シンクロモンスター、《六武衆の師範》、《真六武衆-キザン》
《六武の門》:武士道カウンター2個
手札:《六武衆の結束》による2ドロー

結果 b
フィールド上:レベル6or7シンクロモンスター、《六武衆の師範》、《真六武衆-キザン》×2
《六武の門》:武士道カウンター2個
手札:《六武衆の結束》による1ドロー

※3,4,5,6



※1.2回目にサーチするカードは必ずしも《真六武衆-キザン》である必要はなく、次ターンの後続としての《六武衆の露払い》《六武衆の影武者》等でも可。
※2.最初にサーチするカードを《真六武衆-キザン》にすることでフィールド上に《氷結界の龍 トリシューラ》1体と《六武の門》に武士道カウンターが2個乗っている状況を作ることも可能。
※3.《六武衆の結束》の武士道カウンターは2個までしか乗せることが出来ないので、2個溜まるごとに使用していく計算。
※4.パターンaとbでは、結果として場の《真六武衆-キザン》の数と《六武衆の結束》によるドローの数が違うので、状況に応じて判断。
※5.《六武衆の師範》をシンクロ素材とすることで《ナチュル・ランドオルス》や《X-セイバー ウルベルム》、《真六武衆-キザン》をシンクロ素材とすることで《ナチュル・パルキオン》や《ゴヨウ・ガーディアン》、《氷結界の龍 ブリューナク》等。状況に応じて適切なモンスターを特殊召喚する事ができる。
※6.始動するモンスターは《六武衆の師範》《真六武衆-キザン》のどちらでも良い。
※7.サーチするカードは必ずしも《真六武衆-キザン》である必要はなく、次ターンの後続としての《六武衆の露払い》《六武衆の影武者》等でも可。




個人的には門と結束が絡んだ先攻1ターン目のセットパターンとして、シエン師範キザンキザン1枚サーチ2ドローとか、先攻ナチュパ師範キザン2ドローとか大好きです(´∀`
11/17 12:55 | 遊戯王事務局回答/考察 | CM:0 | TB:0
露払いとミズホ
六武衆を使うに当たって、ビートダウンにおいて邪魔な要素(戦闘破壊耐性持ちモンスター等)を突破したりする際にあると便利な選択肢として《六武衆の露払い》と《真六武衆-ミズホ》が存在します。
どちらも優秀な除去性能を持ち、《紫炎の狼煙》でサーチ可能なので、1枚デッキに入れておくだけで必要なときに呼べる保険としての機能を果たすのですが、どちらを採用すべきか。



《六武衆の露払い》
効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻1600/守1000
自分フィールド上にこのカード以外の「六武衆」と
名のついたモンスターが表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
自分フィールド上に存在する「六武衆」と名のついた
モンスター1体をリリースする事で、
フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。



《真六武衆-ミズホ》
効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻1600/守1000
自分フィールド上に「真六武衆-シナイ」が表側表示で存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上に存在する
「六武衆」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、
フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。




属性、種族、攻撃力、守備力は全く同じ。設定上露払いの昔の姿がミズホらしいですね。
ではテキストの違いを見てみましょう。

■六武衆の露払い
メリット
・自身をリリースできる
・1ターンに何度でも使用できる

デメリット
・破壊対象がモンスターのみに限られる

■真六武衆-ミズホ
メリット
・フィールド上のカード全てを破壊対象にできる
・シナジーのある《真六武衆-シナイ》と組み合わせることで自身を特殊召喚可能

デメリット
・自身をリリースすることはできない
・効果発動は1ターンに1度のみ

基本的には1ターンに1回以上効果発動する機会は少ないと思いますので、違いについては”自身をリリース出来る代わりに、モンスターしか除去できない”性能の露払いか、”自身はリリースできないが、魔法罠も破壊できる”ミズホかということになるでしょう。
この辺は好みでありますねw



私はと言いますと、現状露払いを採用しています。
理由としては、まず相手の魔法罠を除去したいシーンが少ない点が一つ。デッキにはサイクロン2枚に加えて砂塵の大竜巻や、真六武衆-シエンの存在があるので、相手の魔法罠に対しての脅威はそれほどまでに感じるシーンが現在特にありません。
さらに露払い+門2枚もしくは門1枚+結束2枚あった場合に、相手フィールド上のモンスターを全除去した上で総攻撃力10000以上並べる事が可能という、実用性の高いパターンを持っていて、実際相手の妨害が少ないと簡単に決まってしまう爆発力の1つとして機能する点。
ミズホも《真六武衆-シナイ》がデッキに2枚入っていることによってミズホ+シナイ+門+カウンターを貯める何かで無限に武士道カウンターを貯めるギミックを持ってはいますが、そもそもシナイをデッキに採用するかどうかの時点で怪しいですし、無限に武士道カウンターを溜めれたとしてもそのターンに相手の場は1枚しか除去出来ないため、直接勝利に直結するかというと難しいものがあるかなと。

ミズホも使えない事は無いけれど、相手倒せるパターンがある方が好きw
11/15 19:35 | 遊戯王事務局回答/考察 | CM:0 | TB:0
10.11.14 トイパラダイスにて
六武衆解禁と言うことで行ってきましたトイパラダイス公認大会。
前情報で別の所の大会に行くと思っていた和春さんらが来ていたのに、参加人数は20名と少なめ。
結果を先に言うと2位でした。惜しくも優勝を逃してしまいましたが、負けた試合は仕方なかったし、他の試合は全タテできたから良しとしましょう!w

以下、使用した六武衆のデッキレシピと対戦結果晒し。




使用デッキ:六武衆
使用者:すねーくはーと

モンスター(14枚)
六武衆の露払い
六武衆の師範×3枚
六武衆の影武者×3枚
冥府の使者ゴーズ
真六武衆-キザン×3枚
真六武衆-カゲキ×3枚

魔法(16枚)
六武衆の結束×3枚
六武の門×3枚
増援
紫炎の狼煙×3枚
死者蘇生
月の書×2枚
ハリケーン
サイクロン×2枚

罠(10枚)
六勺瓊勾玉×2枚
神の宣告
神の警告×3枚
諸刃の活人剣術×2枚
砂塵の大竜巻×2枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
X-セイバー ウルベルム
ギガンテック・ファイター
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ナチュル・パルキオン
ナチュル・ランドオルス
ブラック・ローズ・ドラゴン
ミスト・ウォーム
真六武衆-シエン×2枚
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク




対戦結果
【1回戦】○○/X-セイバー/和春
【2回戦】○○/六武衆/あーまん
【3回戦】○○/墓地BF/もんちっち
【4回戦】×○×/デブリライロ/たくあん
【5回戦】○○/六武衆/アシュラマン
【6回戦】○○/旋風BF/シャナ彦

取れる試合は全部取る!マッチ5-1のデュエル11-2。




■サイドデッキは?
実は大会開始直前にスリーブを入れ替えたので、サイドデッキをいじる時間が全く無く、サイドはスリーブを入れ替える前にBFで使っていたパーツをほぼそのまま流用した形になったのでゴミすぎて恥ずかしすぎるから、気になる方は沖縄勢の方更新されたときにそちらをご覧くださいww
実際にサイドで使ったカードはトラゴエディア、激流葬、砂塵の大竜巻、次元幽閉×2、群雄割拠の計6枚くらいw 他全部腐りすぎワロタwwww

■大会中に思ったこといろいろ
たくあん戦で負けた試合は両方ともに初手ダストシュートで負けました。試合後に2回、たくあんさんに先攻やってもらって試合したけど2回とも勝てたから、やっぱりデッキに負けたというよりダストシュートに負けた形だと言い張ることにします。デッキはこっちのが強かった!w

他の試合では、最後のシャナ彦戦で序盤動けなくてカゲキ守備置いたらシュラブラスト(カルート使用)からトリシュ作られて、さらに次のターンにブリザード召喚からゴドバまで撃たれたけど頑張ってゴーズやら2枚目のカゲキ守備+月の書やらで耐えてから、トップ増援までたどり着いて門発動から影武者持ってきた上でシンクロシエン、師範をサーチ→特殊までを、途中の妨害を神宣と勾玉で止めつつ強引に持って行って逆転勝ちできたのが良かったw

あーまん戦アシュラマン戦での六武衆ミラーでは1戦目は両方とも先攻取ったので勝てて、2本目も相手が1ターン目に動かなかったから後攻1ターン目から展開して勝ち。
構築の差が出ていたのかもしれないけれど、正直引き運に寄るところの方が大きいww

それとレベル7シンクロ枠のウルベルム。こいつが思いのほか強い。シエン立てたことで動きが鈍った相手は溜め込みしだすので、そこに刺さったらそのまま相手が動けない間にライフ削っていける。実際に今日これで取った試合が3つ。ここまで強いとは思っていなかったので、今日一番の収穫でした。

あと火力を出す際の色んなパターンを試合中にいくつか見つけたので、もうちょっと使い込んでいきたいところ。
メインデッキにもいくつか要らない要素があったのでその辺も修正しなきゃいけないかな。
11/14 22:55 | 遊戯王 | CM:2 | TB:0
サムライ解禁
本日を持ってSTORM OF RAGNAROKこと六武衆が解禁されましたね。
とりあえずどう考えても強いデッキタイプとなりましたので、私は使う側になる予定です。

当面はミラーマッチ戦対策だけ考えておくかな。
先攻シエン門ゲーをどう突破してくれようか。
11/13 02:25 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
殴り書き
■ツイッターwww
http://hamusoku.com/archives/3748124.html

あまり積極的にはカレー食べない私でもこれは行ってみたくなる流れwwwwwwwwwwww


■実は私もツイッターやってます
そういえばあまりこちらでは公言して無かったと思うので。

http://twitter.com/#!/snake_heart

つぶやく頻度は少なめで、特別意味のある発言はあまりしないです。
内容はほぼ遊戯王限定なので、ネトスマ勢の方とかはフォローする価値がないと思われます。


■カルネージハートエクサのシナリオクリアしました
シナリオの説明が丁寧&親切で、もしも自分で出来無くとも模範回答が用意されているゆとり仕様。
新規プレイヤーでも分かりやすいはず。
前作の様な壊れてるスプー起動とかがないのかな?あと飛行型が燃費という観点から弱体化というかもう使えないレベルに劣化した模様。
細かい仕様変更が多いので、調査勢のブログを参考にしつつ色んなのを触っていきたいところ。
その前に、リア友のカルネージハート好きのSさんにこのゲーム紹介するしかないw


■久しぶりにネトスマやった
ジュンさんに誘われて、右肩脱臼骨折のけいさんと3人で勝ち抜き。
後半は私のキツネが恐竜とおっさんを事故らせるゲームでした。
ガチガチなわけではなく、とても話しやすい方々だったので、チャットしながらのネトスマは楽しかったですー


■今月の27・28日(土・日)は第39回目の沖国祭
64スマブラやってるので狩りに行きたい所ですが、土曜日はスケジュール的に参加不可能で、日曜日はトイパラ杯がかぶっています。。。
トイパラ信者なので、トイパラに行くことにしますね(´д`
沖国祭の詳細は神愚さんとかツバサさんmasakiさんあたりに聞こう。


■メイプルストーリー
約2週間後にビッグバンなる大型仕様変更がされるらしいですね。
話しに聞いたところによると、今までの様なちょくちょく新要素を追加するアップデートではなく、完全に1から仕様変更を行うものになるらしいです。
ダメージ計算式やスキルの詳細等の調整、レベルアップまでの経験値テーブル等が全部一新されるということで。
個人的に何よりも窓化実装されることが嬉しいですね(´∀`
もしかしたらまたメイポやるかも。現在レベル146だっけか。
4次でゴミ職となったDKがどの程度バランス調整されるかがポイントですねw
11/10 15:06 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
近況いろいろ
■先日ヘルパトことDaikiさんの家に遊びに行った
・スマブラDXしてました。
・その時家に居たDaikiさんの友人もろとも全員分からせ続けました。
・不良に憧れる学生は見ててまだかわいげがあるなぁと思いましたww
・その後KOF2001でクーラに永パされて分からされました
・いじめでしかない
・Daikiさんと全く同じ構築のBFミラーで11-6。
・先攻は全部取って後攻もいくつか頑張って、最後はDaikiさんの集中力落ちたのが勝因。

Daikiさんが県外に遊びに行ってくるついでに八ツ橋買って来てくれるとか。超期待age(´∀`


■スカイプ窓でみそさんが怖かった
[0:06:16] missile@みそ: はよ制限改定こんか!シュラ!
[0:22:44] missile@みそ: シュラァ!
[22:37:04] missile@みそ: フゥン!!フン!フン!フウウン!!グチャグチャグチャ

つ、ついに本性をあらわしましたね・・・!


■六武衆弱い
蛇「門結束発動、カゲキ影武者からシエン師範キザンキザン召喚、2ドロー、勾玉セットエンドどや!」
A「エクゾ揃いました」
11/10 04:09 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
10.10.31 クイックダンディ.txt
モンスター(23枚)
冥府の使者ゴーズ
素早いビッグハムスター×2枚
邪帝ガイウス×2枚
魂を削る死霊
ローンファイア・ブロッサム×2枚
ライトロード・ハンター ライコウ×3枚
デブリ・ドラゴン×3枚
ダンディライオン×2枚
スポーア
グローアップ・バルブ
クリッター
クイック・シンクロン×3枚
カードガンナー

魔法(11枚)
貪欲な壺×3枚
大寒波
死者蘇生
光の援軍
ブラック・ホール
ハリケーン
サイクロン×2枚
おろかな埋葬

罠(6枚)
奈落の落とし穴×2枚
聖なるバリア-ミラーフォース-
激流葬
リビングデッドの呼び声
ダスト・シュート




ハロウィン杯で使おうとしていたもの。サイドは頻繁に変わっていた上に結局諦めたので載せません。
10月の序盤でほぼメインデッキは完成しており、エクストラデッキも1枚どうしようか悩んでいた程度。
構築をバラしたくない為、大会ではずっとバレット型を使用していました。
途中からBFの調整に入ったので、(サイドデッキの調整を放置したまま)仮想的として活躍。
調整会であーまんさんとAさんを分からせ続けてました。
旋風BFにも墓地BFにも光デュアルにもクソゲーしまくり、勝ち越し続けて「練習でこんだけ動けるんだからこれで本番に事故って負けたりしたら許さないからな!」とかAさんに言われる始末w
最終的にはサイドゲーム考えたときの限界を感じたのと、AさんとあーまんさんがBFを使用するとのことで、私もBFを使うことにしたので結果を出すことなく終わってしまいましたが、遊戯王と言うゲームが1本先取ならこれ1択でしたねww
11/08 02:27 | 遊戯王 | CM:0 | TB:0
結論として
幽閉>ミラフォとか罠型BF戦見ていく上で大寒波採用は強いとか、相手の伏せが透けて見えるとかってのは誰かのコピーとかマネではなく自分でBF使っていくうちに理解できた部分だったので、BF使ってたら辿り着く境地なんじゃないかなと思います。
先日subaさんに某有名プレイヤーのブログ教えてもらってみたら私の意見と全く同じようなこと書いてあったので、別に私は真似たわけではないということだけ書き記しておきたい所存です。実際に私と10月の時点でBFの話をしたことのある人や、私とトイパラ杯やハロウィン杯で試合した人なら分かると思いますけどw

調整会でAさんと一番話していたのは、相手の伏せが透けて見えるっていうお話でした。
勿論物理的に目視できるわけではなくて、相手の挙動からどの系統のカードが伏せてあるかが簡単に予測できる。
そしてみえたらちょろい。遊戯王マジちょろい。多分今期六武衆が登場しなければそのままBF使って県内のBF使い全員に勝てるレベル。

私が見ていたところ、そういうプレイヤーは県内で、私の他にはAさんしか知らないなー


何かまとまりないですね。駄文乙。
11/06 20:12 | メモ的日記 | CM:4 | TB:0
旋風BFあれこれ
Q.なんで旋風BF使ったの?
A.負けられない試合だったので、最も勝率が期待できるデッキを選択しました。
 実は直前までクイックダンディとどちらを使うか悩んでいましたが、総合的なBFの安定性の高さを買いました。

Q.なんで3人とも同じデッキなの?
A.どうせ3人とも同じデッキ使うなら、3人で最も合理的なBF(笑)を考えようということになったので。

Q.強欲で謙虚な壺が3枚ではない理由は?
A.3積んで出場した前回のトイパラダイス大会で、アシュラマンにこちら初手強欲謙虚3枚の所を先攻ライオウ召喚されてボコボコにされたので。って言うのは半分嘘で、いくつか理由があります。
・初手に2枚以上来てしまい、初動が遅くなるor2枚目の発動機会が無くなる(ブリュのコストになる)試合があった
・メインデッキに積んでおきたいカード(寒波弾圧等)が多く、スペースを空けたかった

Q.なんで王宮の弾圧を採用しているの?
A.沖縄県はカオスな環境なので、どんなデッキと戦う事になるか分からなかったから。
 テストデュエルしていた分には、BFミラーマッチにおいても、(これの代わりに別の除去を引きたかったと感じることはあっても)引いて自分の首を締めることが殆んど無く、逆にこれ1枚めくるだけで詰ませる試合が何度かあったので事故要素にはならないと判断し、むしろ1枚存在するだけで特定のデッキを詰ますことのできるパワーを評価した結果のメイン採用となりました。
 ちなみにBF1択の環境であれば幽閉3枚目と入れ替える方が良いでしょうね。

Q.なんで聖なるバリア-ミラーフォース-を採用していないの?
A.ビートダウンをメインに行うデッキ(BF、光デュアル)等は墓地にモンスターを送る事ですらアドバンテージになりえます(ブリザード、ダムド、ミラクルフュージョン)。さらにこちらのミラフォ、激流葬、ゴドバの存在がある限り、よほどの事がない限り相手が2体以上で攻撃してくることはまずありません。大きな大会であれば尚更です。
 よって、ミラーフォースはただの1:1交換する炸裂装甲でしかないシーンが多い為、除外させる次元幽閉の方が環境に適していると判断し、そちらを優先して採用しました。

Q.なんで大寒波を採用しているの?
A.シュラやダムドが絡むアクションにおいて大寒波を握っていると安全かつ確実にとても大きなリターンを期待でき、トリシューラやブラックローズ、ダムドによるボード壊滅を狙うことで1つの勝ちパターンを形成できるので。膠着状態からの始動においても非常に優秀な回答札の1枚です。

Q.サイドのピン差しの罠はなんなの?
A.「刺さる相手にはどれか1枚引けば勝てるから、同名カード積むよりは種類増やす方がいいだろw」と言う甘えです
11/06 02:33 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
BFのサイドチェンジ案.txt
■サイドチェンジ案(デッキ元はコチラ

対【旋風BF】(先行時)
in
3《スノーマンイーター》
1《ドッペルゲンガー》
1《スターライト・ロード》

out
1《BF-黒槍のブラスト》
1《BF-大旆のヴァーユ》
1《闇の誘惑》
1《強欲で謙虚な壺》
1《王宮の弾圧》


対【櫃旋風BF】
in
2《サイバー・ドラゴン》
2《スノーマンイーター》
2《D.D.クロウ》
1《マインドクラッシュ》

out
1《BF-暁のシロッコ》
1《BF-黒槍のブラスト》
1《闇の誘惑》
1《大寒波》
2《強欲で謙虚な壺》
1《王宮の弾圧》


対【光デュアル】
in
2《サイバー・ドラゴン》
3《スノーマンイーター》
1《ドッペルゲンガー》

out
1《BF-黒槍のブラスト》
1《BF-大旆のヴァーユ》
1《闇の誘惑》
1《強欲で謙虚な壺》
1《ダスト・シュート》
1《王宮の弾圧》


対【神光の宣告者】
in
2《サイバー・ドラゴン》
2《天罰》
1《マインドクラッシュ》
1《魔のデッキ破壊ウィルス》

out
1《ハリケーン》
1《聖なるバリア-ミラーフォース-》
2《次元幽閉》
2《奈落の落とし穴》


対【クイックデブリダンディ】
in
2《D.D.クロウ》
2《天罰》
1《魔のデッキ破壊ウイルス》
1《連鎖除外》
1《群雄割拠》

out
1《魂を削る死霊》
1《大寒波》
1《ハリケーン》
2《次元幽閉》
2《奈落の落とし穴》




打点が高かったり罠が濃い相手にはブラストヴァーユと手札入れ替えカードを優先して抜いていくプラン。
しっかりメタ札当てれば勝てる相手には手札入れ替えカードは極力残す様にして、基本ギミック以外の部分(不必要な除去枠)を削る感じです。

櫃型にはトリシュ1発決めれば勝てるので多少リスク背負ってでもヴァーユ残しますが、普通の罠型BFや光デュアル相手にヴァーユ残す意味が無い。どうせ簡単にはシュラの攻撃通りませんし、通ってもゲイルリクルートからアーマード安定なシーンの方が多い。

■反省点
色々ありますがどうせもう環境終わるので細かいことは書かないというwww
11/03 19:49 | メモ的日記 | CM:2 | TB:0
ハロウィン杯対戦レポ
チーム名「ヤーティ」
A:旋風BF/A@ヤタグロス
B:旋風BF/あーまん@ヤーマンダ
C:旋風BF/すねーく@ヤンギラス



【1回戦】櫃旋風BF/ピーター鼻毛マン
Game1
先攻取って壺でめくったシュラ召喚。ハンドにシロッコカルートブリザード持ちでターンを渡す。
相手櫃から死者蘇生をサーチ。シロッコ召喚から殴られるも、伏せなしでエンド貰ったので、シロッコで殴り返し、ゴドバを伏せエンド。
相手のアクションをゴドバでいなし、返しにブリザードからシュラを釣り殴りつけ、相手残りライフ4700。
次のターンの相手アクションも奈落月書で止めて、返しにシュラでアタックからカルート引っ張ってきて、ブリザードとカルートで直接攻撃→手札のカルート見せて勝ち。
Game2
相手の甘えた攻撃表示のブラストに、(前後の流れから見てカルート持ってないと判断で)旋風からシュラゲイル出してメイン2にスタダシルバーウインド+ダムドまで出して相手場一掃&制圧。
伏せに神宣幽閉まであるので負けるわけも無く。

個人:○○
チーム:○×○


【2回戦】光デュアル/グリィン
Game1
後攻。序盤から相手のバックを割ってからのシロッコゲイルで殴った後、スタダ作って場を制圧。
後続のモンスターを引けない代わりに、蘇生で釣ったシロッコとスタダを幽閉幽閉奈落月で守って相手殴り続ける展開。
相手のリソースも尽きてしまったところで詰ませ。
Game2
サイドラの戦闘、オネストのカルート返し、デュアルスパークのサクリファイスエスケープにアドを取られ続けて速攻負け。ドッペルゲンガー伏せに対してトップドロー抹殺の使徒とか噛み合いすぎワロタw
Game3
初手見て秒で旋風シュラ召喚ブラストサーチ2伏せエンド。
途中展開覚えてませんが最後の方はコチラハリケーンからブリュアームズを展開し殴って、相手ライフ3900まで減らしたのはいいけれど、相手の2伏せ+壺でめくった魂を削る死霊が突破できず攻めにいけなかったのですが、相手が追加の伏せをしなかったので手札3枚溜まるまで待ってからブリュで全部捨てて総攻撃。勝ちで。

個人:○×○
チーム:○○○


【3回戦】ゲートHERO/レーズンパン御飯misono
Game1
先攻を取り、壺でシュラをハンドに加えた後死霊をセットしエンド。
対する相手は後攻1ターン目からエアーマン召喚オーシャンサーチ後、フュージョンゲートで手札融合しシャイニングを出してくるが、死霊で耐える。
返しにブラストサイクロンゴドバを伏せ、相手のシャイニングの攻撃に対しサイクロンチェーンゴドバでバックもろともゲートシャイニングを突破。
その後は戦闘と死霊によるアドゲーで制圧。
Game2
詳細忘れましたがこちらのジャブ程度のアクションに相手が神の宣告を発動してくれたので、無理やりカード使って場を制圧しダメージレースに持ち込んで勝ち。

個人:○○
チーム:○○○


【4回戦】旋風BF/みちゅ
Game1
後攻。序盤お互いに伏せとシュラで牽制。
前後の流れから相手のハンドにカルート握っている可能性を確認後、寒波→ブリザードからアームズを出し、シュラに対してアタックを仕掛け、見事相手にカルート消費させつつ墓地闇3体に調整することに成功。
メイン2でダムドを出しバック2枚とシュラを除去って相手の場にヴァーユ1体のみ。
相手ヴァーユを守備にするしかアクションが無かった為、追加のシュラを出しビートダウン後、ゴドバ伏せてエンド。流石に相手返せず。
Game2
相手裏守備2伏せからの立ち上がり。
コチラも幽閉月書を伏せてターンを回すと、相手の裏守備はヴァーユでした。
反転したヴァーユに殴られる事3ターン。準備ができたのでハリケーンからサイドラとシュラを出し、総攻撃でメイン2にシュラで呼んできたゲイルとサイドラでスタダ特殊召喚。バックをガバ伏せしエンドする。
その後シュラの直接攻撃が通り残りライフ1800まで持っていくが、シュラとバックを相手の激流ゴドバで上手く割られた上にシュラ+カルートでスタダを突破されてしまい、逆転されたかと思いきやトップがブリザ。
ゴヨウでアンドロイド貰って、相手返せず。

個人:○○
チーム:××○


【5回戦】インフェルニティ/楽天
Game1
先攻貰ってカルート召喚3伏せエンドから様子見。
相手バックを2枚伏せてエンド貰ったので、カルートで1発直接攻撃してエンド。
相手ドロー後、少し考えてからインフェルノを発動したのでチェーンでダストシュート発動。
ハンドが、ミラージュ終末終末141ガン。ミラージュ戻した後、相手終末1枚のみ捨ててデーモンを落とし、さらに終末召喚からデーモンを落とす。こちらのカルートと相打ちした後でガン発動。デーモン×2の蘇生を通し、ブレイクを手札に加えた後全伏せエンドを貰う。
こちらシロッコ召喚してデーモン1匹殴り、伏せ追加してエンド。
相手ノーアクションエンドしてきたので、さらにもう1体のデーモンを殴る。
返しにマンサー捨ててからの141発動から、詳細手順は省いてデーモンデーモンマンサービートル(ハンドにマンサー)まで持って行かれてトリシュ作られるもそこに神宣で止めに入り、返しにシロッコでデーモンを殴る。
ここで相手ライフ6000。その後2体目のシロッコを除去られたおかげで墓地闇3体になり、ハリケーンと寒波使ってダムドゲーして詰みまで。
Game2
相手が1ターン目にモンスターを置かなかったので、旋風カルートでゲイルサーチ後、ゲイル守備で特殊してからカルート直接攻撃してバック置いてエンド。
相手キラートマト召喚からカルートと相打ち狙ってきたのでそこにゴドバでバックもろとも除去を計るも、指定した相手の伏せのサンダーブレイクをチェーンされゲイルも破壊される。
返しにブリザードでカルートを特殊召喚し、直接攻撃してからエンド。この時点で相手ライフが5300。
相手モンスターを追加して来なかったので、次ターンにハリケーンからブリザードを召喚し、ゲイル釣ってきて、ゴヨウブリザブリザで5400ダメージ。勝利。

個人:○○
チーム:○×○


【6回戦】光デュアル/ロマンス
Game1
相手に先攻取られるも1伏せだけでエンドを貰う。
ジャブ程度にブラストを出して殴ったら幽閉。しかし次のターンも相手モンスター出してこず。
シュラ召喚→奈落
シュラ召喚→神の警告
まで貰った時点で相手モンスター無しwww事故かww
ブリザードでシュラ釣ってきてから、単騎で直接攻撃。残り相手ライフ4700。
相手ようやく増援を引き入れ、地砕き×2とかエアーマン召喚とか、カタストル作ったらサイドラで返されたりしたけど奈落幽閉月辺りでカバーして、最後はブリザダムドで勝ちだったかな。
Game2
アナザーネオスの打点を超えることができず、6100→4200→2300まで減らされてからミラクルフュージョンまで発動されて即死。
カルート投げたところにオネストされると一気にテンポ取られる負けパターンですね。
Game3
集中力が切れてテンションがおかしくなりかけてたので記憶障害がwww
一応相手のライフ推移は7700→6200→4800→3100→1800→1300となっているので結構良い試合したと思います。
途中で相手がバック2枚の時、ブリザードカルートブラストまで並べたのに、1戦目で見た神の警告が怖くてトリシュ出さずに攻撃した記憶がある。あとで確認してみたらこの時の相手の伏せは幽閉と我が身だったので、仮にトリシュ出してしまっていて幽閉を抜けなければ攻め手が続かず負けていた可能性があったので出さなくて正解でした。
結果的に相手のライオウ召喚に奈落撃って我が身でライフ払わせた上で、攻撃に対して幽閉で除去し、殴り勝ちした気がします。

個人:○×○
チーム:○○○




○○
○×○
○○
○○
○○
○×○


■感想
シュラとブリザード(とカルート)を引いて、ダムド蘇生旋風寒波ハリケのどれかをドローすれば勝ち。
取れる相手にはしっかり取れる。そんな印象でした。BFツヨイネー(´∀`
毎回チーム戦の時は周りのチームにネタがバレないように頑張って調整してるので、調整量の差から来るものなのか、私のチーム(と言うか私自身)はいつも圧勝してしまいます。
最近は全部すねーく和春Aあーまんが上位入りしているので遊戯王沖縄勢の自演乙と噂が立たないか心配なレベル。
11/02 02:30 | メモ的日記 | CM:2 | TB:0
suzu主催ハロウィン杯使用デッキ
行ってきました。
チーム5-1で同率ポイントが3チームありましたが勝率優先で優勝でした。
チームの合計戦績がマッチ14-4のデュエル30-13だったかな。

使用デッキはチーム3人ともメイン、サイド、エクストラまで全く同じです。
と言うことで私の(=3名分の)デッキだけこちらで晒し。



チーム名:ヤーティ
使用デッキ名:アンデロード
使用者:すねーく@ヤンギラス

suzu主催沖縄チャンピオンシップハロウィン杯1位/10.10.31

モンスター(18枚)
魂を削る死霊
ダーク・アームド・ドラゴン
BF-大旆のヴァーユ
BF-蒼炎のシュラ×3枚
BF-疾風のゲイル
BF-黒槍のブラスト×3枚
BF-月影のカルート×3枚
BF-極北のブリザード×3枚
BF-暁のシロッコ×2枚

魔法(11枚)
大寒波
死者蘇生
黒い旋風
月の書×2枚
強欲で謙虚な壺×2枚
闇の誘惑
ハリケーン
サイクロン×2枚

罠(11枚)
奈落の落とし穴×2枚
神の宣告
次元幽閉×2枚
激流葬
王宮の弾圧
ダスト・シュート
ゴッドバードアタック×3枚

エクストラデッキ
A・O・J カタストル
A・O・J ディサイシブ・アームズ
BF-アーマード・ウィング
BF-アームズ・ウィング
BF-孤高のシルバー・ウィンド
インフェルニティ・デス・ドラゴン
キメラテック・フォートレス・ドラゴン
ゴヨウ・ガーディアン
スクラップ・ドラゴン
スターダスト・ドラゴン
ダークエンド・ドラゴン
ブラック・ローズ・ドラゴン
マジカル・アンドロイド
氷結界の龍 トリシューラ
氷結界の龍 ブリューナク

サイドデッキ
D.D.クロウ×2枚
サイバー・ドラゴン×2枚
スターライト・ロード
スノーマンイーター×3枚
ドッペルゲンガー
マインドクラッシュ
群雄割拠
天罰×2枚
魔のデッキ破壊ウイルス
連鎖除外(チェーン・ロスト)


対戦結果
【1回戦】○○/櫃旋風BF/ピーター鼻毛マン
【2回戦】○×○/光デュアル/グリィン
【3回戦】○○/ゲートHERO/レーズンパン御飯misono
【4回戦】○○/旋風BF/みちゅ
【5回戦】○○/インフェルニティ/楽天
【6回戦】○×○/光デュアル/ロマンス




BF環境の集大成と言うことで、我々チームが出した結論パーティです(´∀`
色々と理論の詰まった構築ではありますが、特に分かりやすいのが「相手に墓地アド稼がせるだけのミラーフォースとかありえないですのwwwww」っと言うことで不採用にしてたりする部分が普通のBFとは違ったかな。
当たり運が良くて、取れる試合全部取ってったら全参加者中個人戦績がマッチ6-0のデュエル12-2と言うことで一番でした。BFツヨイネー

詳細は遊戯王沖縄勢の方に後日アップ予定です。
11/01 00:48 | 遊戯王 | CM:2 | TB:0
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。