甲虫装機ミラーにおける採用カード考察
《ヴェルズ・サンダーバード》
強いがこれ単体は勝ち筋にならない。序盤を繋ぐだけの要素。
バレすぎてミラー以外では使えなくなった。
結局は甲虫装機のメインギミックが一番強いので、このカードを引いても手札1枚分損していると思います。


《禁じられた聖槍》
特定の状況下では相手の妨害を無効にした上でアドバンテージを作っていける期待値の高いカードではあるが、ここぞという時に宣告や警告の存在があり、確定シーンを作れるではないというのが問題で、採用を見送ったカード。
サンダーバードを戦闘破壊する要素としても使えるけれど、その用途で使われることはほぼ無かった印象。
結局はヴェーラーを止めれない。妨害の上から攻めたきゃリビデ使いましょうってお話ですね。


《自律行動ユニット》
召喚権を増やし、ミラーにおいては死者蘇生さながらのパワーを持つけれど、状況依存がやはり一番の問題点。
自分の意図するプレイプランニングに組み込みづらいという意味ではダムドに近い。
また、ある程度プレイングでの対策が可能な点も問題。
ライフポイントの都合も含め、これらの問題点全てを上回る程の解決力があれば採用の再検討もありだと思います。
まぁ使われる可能性は常に意識すべきカードなので、強さは折り紙つきだと思う。
あとはデッキスペースとの相談。


《オーバースペック》
大成仏と相互互換。でも現状こっちのほうが強いと思っています。
帰還したサンダーバードも破壊対象になるので、サンダーバードだけでは詰めれない相手が横に甲虫装機置いてきた時、このカードとヴェーラーあれば2:2交換できたりと、大成仏以上に使い勝手が良いシーンがある。
(サンダーバードは無効にされても攻撃力はアップしたままかどうかは現在調整中なわけですが。)
マンティス装備の甲虫装機を破壊できないのも利点として捉える事ができる(例えば自分のダンセルにヴェーラーが撃たれてしまったターン、手札からマンティス装備してこのカードをセットしてターンを渡せば、基本的に2400打点は戦闘で破壊できないので相手からしたらホーネット等で除去するしかない為、自分のダンセルは破壊せずにホーネット装備した相手モンスターだけ除去できる)。
あとどうでもいいけどフィールド魔法張る系のデッキ全般のモンスター除去になる(墓守、暗黒界等)。
使い勝手の良い除去札。ミラーマッチにおける除去札としては超高性能。


《大成仏》
オーバースペックと相互互換。
違いとしてこちらはマンティス装備の甲虫装機や自律行動ユニットそのものを除去できる。
サンダーバードは処理できない。


《転生の予言》
説明不要。使わない理由が無い枠。
ミラーマッチにおける「弱い順で出す安定」のプレイプランを崩壊させる要素。
05/10 00:01 | メモ的日記 | CM:1 | TB:1
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/1005-7194b9f2
* トラックバック *
まとめtyaiました【甲虫装機ミラーにおける採用カード考察】
《ヴェルズ・サンダーバード》強いがこれ単体は勝ち筋にならない。序盤を繋ぐだけの要素。バレすぎてミラー以外では使えなくなった。結局は甲虫装機のメインギミックが一番強いので、このカードを引いても手札1枚分損していると思います。《禁じられた聖槍》特定の状況下...
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved