征竜の話 1
1903248397_198.jpg


こんにちは。今回は現時点における征竜というデッキの理論を述べたいと思います。

・ある程度の知識があることを前提として書いていくので、普段私と話していない方にとっては意味が分からない用語が出てくるかもしれませんがご容赦ください。
・最終的に現在の構築へ至るまでの話を長々と書きます。※書きませんでした

■はじめに
今期は【魔導】と【征竜】の二強と言われています。
この2つのデッキタイプはアドバンテージの獲得とその展開力が他デッキの追随を許さないレベルで高く、さらにどちらにもまとめて刺さるようなメタカードがあまり存在しないという点から、この2つのデッキを食える様なダークホース的第三勢力は存在しません(強いて上げるなら【ヴェルズ】のみ)。
よって、必然的にこの2つのデッキが互いに互いの対策とミラー対策を進めるのが今期のメタゲームになります。
【魔導】と【征竜】、この両方に勝てる【魔導】もしくは【征竜】の構築が求められており、特にミラー対策に関しては相手も積んでくる可能性があるので非常に難しいゲームになっています。


■征竜、というデッキ
征竜というデッキの基本概念は簡単です。
征竜と名のついたモンスター群の効果により、場にレベル7の征竜モンスターを展開、エクシーズやシンクロを行い場面を制圧。
これらの征竜モンスター群は地水炎風の四属性存在し、自己蘇生能力を持つレベル7の上級征竜と、手札から自身を捨てることで上級征竜をデッキから特殊召喚する下級征竜が存在し、どのモンスター効果も1ターンに1度しか使用出来ませんが、上級征竜の自己蘇生能力によって一度揃えた展開力の波を毎ターン引き起こす事ができる点が非常に強いエンジンとなっています。
ギミックの詳細については説明せずとも分かるはずですし、分からない方は適当にググってきてください。
これらの基本的な要素を踏まえた上で考えていくと、単純にリソース内の色が多ければ多いほど、そして下級征竜からスタートできるほどそのターン内の特殊召喚回数は増えると考えて良いので、ある程度デッキ内を占める征竜の数が必要になってきます。


■確定枠について
上記の理由から、基本的には上級征竜はフル投入、下級征竜は各2枚ずつというのが現在の主流で、そこに超再生能力フル投入までを加えた23枚は必須確定枠と考えて良いでしょう。

モンスター(20枚)
巌征竜-レドックス×3枚
瀑征竜-タイダル×3枚
焔征竜-ブラスター×3枚
嵐征竜-テンペスト×3枚
地征竜-リアクタン×2枚
水征竜-ストリーム×2枚
炎征竜-バーナー×2枚
風征竜-ライトニング×2枚

魔法(3枚)
超再生能力×3枚


■色の偏りを減らす為のサポートカード
しかし上記のカードだけでは、何度も試行回数を増やしていくと初手にある色の数が1色や2色しかないというゲームが必ず出てきます。それも無視できないレベルで。
色が少ないということは、それはイコール展開力が少ない事を示します。これはマズイ。
なのでリソース内の色の偏りを減らす為の工夫が必要で、一般的には解決策として下記の3種類の魔法カードが主流になっています。

封印の黄金櫃
竜の渓谷
七星の宝刀

上記のカードはそれぞれ足りない色をリソース内に持って来たり、手札交換をして引きやすくするための役割があり非常に使いやすいですが、役割が似通ってくるので3種類全てを採用したとしても逆に競合してしまう部分が出てくるので選択には慎重になる必要があります。
そしてこれらのどれを採用するかで、メインデッキのタイプはおろかサイドチェンジのプランまで変わってきます。


■主な2つのタイプ
・封印の黄金櫃型
ド安定です。裏目が少なく安定したリソースを揃えることができ、また各色揃っている場合には大嵐や手札抹殺といった他のパワーカードをサーチする選択肢を取ることが出来るので優秀です。
特に特別なギミックがあるわけではなく、基本的には色を増やす為だけの運用になるので直接勝ち筋に繋がるギミックにはなりえません。

・竜の渓谷型
俗に言うエクリプスライダーというタイプ。
このカードを採用する場合には基本的に《光と闇の竜》《エクリプス・ワイバーン》《ドラグニティ-ピルム》《ドラグニティ-コルセスカ》まではセットでついてきます。
単純に色を揃えるだけでなく光と闇の竜へのアクセスが容易になるという利点を持ち、瞬時に場面制圧を図れます。また、竜の渓谷からの始動によって、いつでも光と闇の竜の拘束を解いて動き出す事が可能となった為、ゲームエンドまでの流れを作りやすく裏目が少ない、非常に強いギミックと言えます。
もしこの素晴らしいシステムの意味が分からなければ詳細はググってください。
問題はデッキスロットを多く取ってしまう点でしょう。


続きます。
06/19 10:43 | 遊戯王事務局回答/考察 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/1121-cb81ff94
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved