スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
脳内人格(考える人)がお送りします
平凡な教師は言って聞かせる。
よい教師は説明する。
優秀な教師はやってみせる。
しかし最高の教師は 子どもの心に火をつける。


こんにちは。
今回は簡潔に「雰囲気、いわゆる空気」について書こうと思ったんですが、色々と面倒になったので結論だけメモって終了としますね。

・大前提として、その場の「空気」は絶対に分かり合えないものである。それ故「分かり合ってるふり」をしている。
・人は空気を読むにあたって以下の3種類にわけられる
1、分かり合ってるふりをし、それを壊さないようにする「空気を読める」人
2、分かってるつもりで空気を壊してしまう「空気を読めない人」
3、1の考えを理解した上であえて空気を壊し、その上で新しい空気をつくる「空気を読まない人」
・結論:1はパンピー、2は経験で1になれるので大丈夫、3は高難易度
11/06 03:01 | メモ的日記 | CM:3 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/113-08d159f6
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。