スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
【征竜】全盛期からどれだけ弱体化したのか
2014年2月より、制限改訂が行われ新たなリミットレギュレーションになります。これにより2013年9月に引き続き【征竜】は大幅にその戦力を落とすことになりました。
今回は2013年3~8月までの、所謂”征竜魔導環境”と呼ばれた全盛期と比較し、どれだけの弱体化をしたのか、というのを枚数で見てみたいと思います。



■全盛期からの変更点
《嵐征竜-テンペスト》 無制限準制限
《焔征竜-ブラスター》 無制限準制限
《巌征竜-レドックス》 無制限準制限
《瀑征竜-タイダル》 無制限準制限
《風征竜-ライトニング》 無制限禁止
《炎征竜-バーナー》 無制限禁止
《水征竜-ストリーム》 無制限禁止
《地征竜-リアクタン》 無制限禁止

《超再生能力》 無制限制限
《七星の宝刀》 無制限制限
《封印の黄金櫃》 無制限制限

《異次元からの帰還》 制限禁止

《No.11 ビッグ・アイ》 無制限制限




数えてみると、実に13種類25枚ものカードに規制がかかっている状態ということが分かりました。
下級征竜は元々各2枚ずつしか使用されていなかった事や、下級征竜の禁止に伴い超再生能力は採用されなくなった背景を考慮すると、新制限の征竜と比較した時に抜けているカードは実質22枚でしょうか。
エクストラデッキのカードを抜きにして考えても、メインデッキの半分は使えなくなっている、ということになるんですが、それでも普通に戦えそうな征竜って・・・。
01/18 01:03 | 遊戯王事務局回答/考察 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/1176-b0c3555e
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。