”大切なもの”の話
私は自分の”大切なもの”を守るために生きています。
それは”家族の生活”だったり”妻との関係”だったり”趣味の世界の発展”だったり色々あるんですけど、全部共通してるのは”それが私にとっては大切”ということです。

また、競争世界において、足の引っ張り合いはその世界の発展を妨げるだけであり、その上で得た勝利には何の価値もないと思っています。
一般的に普遍的な価値を持つ”紙幣”というものに対しても普通の人と比べて執着が無く、それを得ることを第一目的として働いたことは一度としてありません。

※余談ですがこの考え方は母からの教えであり、私は私の母を尊敬しています。

しかし、世の中にはそんな私の純粋な気持ちを踏みにじる人たちが居ます。
幼い頃から何度も何度も踏みにじられてきました。
私はただ大切にしたいだけなのに、悪意のある捉え方をされ、誤った認識をされることが多々ありました。


---


私にとって今作のスマブラ(SSB4)は、妻との時間を大切にするために、それまでの趣味であった遊戯王も64スマブラも手放して、1つだけ残した唯一の趣味です。
遊戯王と64スマブラを手放すことが私にとってどれだけ勇気と覚悟が必要だったかは、私の活動を知っている人なら分かるはずです。
それを手放すほど、私にとっては”妻との時間”は勿論のこと、”SSB4”が本当に大切だったんです。

※遊戯王は県内全域のレベルの底上げをするために遊戯王沖縄勢というブログサイトを立ち上げ、あらゆる県内の大会情報を集め、大会の告知や上位者のデッキレシピを掲載して活動していました。
その活動により県外にも認知され、2011年と2012年にはレジェンドチャンピオンシップという、各都道府県からトッププレイヤーだけしか参加できない大規模非公認大会にも招待されました。

※64スマブラはネトスマ段位戦という企画において、当時数名しか居なかった最高段位にフォックス使い初の到達、その後の秋季トーナメントという大規模オンライン大会で優勝をする等、プレイヤーとしてもフォックスの開拓をし続けただけではなく、情報の平等化をするべく、全てのフレームデータを集めたWikiを立ち上げました。


---


私は今日、夢を見ました。
私にとって大切なスマブラという趣味を大切にしているだけなのに、それを”ただの金儲け”として捉えられてしまい、多くの人間に避難されるという夢です。
耐え難い苦痛でした。目が覚めた時には大量の汗をかいていました。


---


今回は夢でしたが、現実で(スマブラとは別のことで)似たような経験は多々有ります。
今後スマブラにおいて現実でそうなる可能性もあるでしょう。
ですから、私は自分の名誉のために前もって宣言しておきます。

私は金のためにスマブラをしたことはありません。
むしろ沖縄のスマブラプレイヤー達が、どうやったら仲良く楽しく負担を少なく遊べるか、常に考えてやってきました。
金儲けのために参加者達から参加費を多く取るというような(法的にもダメな)手法は取ったことがありませんし、むしろ会場側に対して「私がスマブラ勢をこれだけの数連れてくるから、彼らに何かサービスをして欲しい」と言っています。
謝礼をくださるという件も一考すらすることなく断りました。「そんなお金があるなら何かしらの方法で彼らに還元して欲しい」と。

これまでもそうですし、これからもそのつもりです。
だから私にとって唯一の趣味であるこの世界にだけは、私の大切なものを大切にする気持ちを誤って認知されたくないのです。


---


私は皆を信じています。
だから皆も私を信じてください。

読んで頂きありがとうございました。
04/19 11:26 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/1339-d40edec1
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved