スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
シーク攻略
kenzan_360.jpg


唐突ですが、スマブラDXにおいて、シークがどの様に強いのか分かりやすく説明したいと思います。
シークのワザは性能が高いものが多く、強攻撃や投げ性能に上・下スマや何といっても針待ちがアホみたいに強いのですが、それは誰でも分かるので、知らない方が多いと思われる空中ワザ2つだけ解説してみますね。シークはバッタ最強なので(´∀`

まず空中後ろA。
何か後ろ斜めにキックするんですが、その足の先端の判定がアホかと思うほどデカイ。とりあえず斜め上に対して無敵にと言って良い判定の大きさであります。威力も申し分ない。発生4Fで持続が19Fまでであり、11F以降なら攻撃判定残ってる状態で着地しても隙がないという点もアホ。

次に空中前A。シークをシークたらしめるアホワザ。
前方にチョップをし、前方ほぼ180%にありえないくらいデカイ判定を5F目から7Fまでの間発生させます。しかも真横に近い低角度で飛ばすとかいうヘンタイワザ。対地から対空まで使える上に、後隙も少ない(11F以降なら着地後隙無し)。1度のジャンプ中に昇りと着地際に合計2回出せます。なぜこんなワザを作ったのか疑問です。


・・・もっと分かりやすく説明しますね。
hien_5.jpg


nata_6~7.jpg


これでよくわかりましたよね?w(←某けいすけさん風
02/24 02:36 | メモ的日記 | CM:5 | TB:0
すいませんその画像データからはわかりませんwwww
アノ京の画像から何がわかるかというと足の膝から先は攻撃判定だけあって食らい判定がないんですよwwwつまり膝先無敵!!wwww
この画像多分きいろいのが食らい判定で赤いのが攻撃判定ですよね?いかんせん三次元なので二次元の一枚絵だとよくわかんないですーー(汗
ちゃんと分かっておりますーd(´∀`
この画像は、けいすけさんの言うとおり黄色が食らい判定で赤が攻撃判定なんですが、何かしらないけど攻撃判定の大きさがおかしいんですね。
普通のキャラのワザの食らい判定と攻撃判定の大きさは、食らい判定より攻撃判定が若干(食らい判定を皮一枚覆うくらい)大きい程度なのに対して、この画像の判定はありえない大きさなんですw

なので上の画像は斜め上に無敵と言って良い昇竜みたいなワザで、下の画像はタイミングあわせれば前方全てに打ち勝てるクソワザというわけです(´∀`

キャラとかは三次元ですが、戦い方は奥行きに移動したりとかはしない2D格ゲーのようなものなので、画像でも十分なゲームですよー。
まぁ、KOFとかと違って1F毎の変化を見ないと分かりづらいですが(´д` (←けいすけさんが言いたいのはこういうことかw
なるほどーわかりましたー
なかなか攻撃判定の壁がありますねww
ちなみにこのゲームって攻撃判定同士がぶつかったらどうなるんですかー?
攻撃判定同士がぶつかった場合、地上ワザ対地上ワザで威力が同程度の場合のみ相殺がおきます。それ以外は基本的に何もおきません。
なので空中攻撃(相殺なし)で判定がでかければ、一方的に相手の食らい判定に当てれるのでかなり有利なんですね(´∀`
なるほどーわかりました
ちなみにKOFっていうかほとんどの2D格闘ゲームでは飛び道具以外の攻撃すべてに攻撃判定レベルっていうのがあってかちあった場合はレベルが高いほうが一方的に勝ちます
ここまで言えば予想できるでしょうが某「うおー」のおっさんは通常技軒並み攻撃レベルガン高です!!射程長い上にかち合っても一方的に勝つ!!大門かっこいいぞ!大門
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/149-77a0dba0
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。