スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
夢の中で
こんにちは(´∀`
今回は昨日見た夢の話。
何か1日経っても覚えているのでメモしてみます。



その夢の世界では、わたしはあなたと同じ部屋に居た。
その部屋は見たこともないが、その夢の世界ではあなたの部屋とされていたと思う。
その時は、おそらく深夜である。光は窓からくるカーテンを通した月の明かりだけで、薄暗くすこし青白かった。
部屋の大きさは覚えていないが、わたしとあなたの距離は2メートルほどあり、わたしは敷いてある布団の上で、あなたはベッドのうえで、お互いに壁際で寝ていたのを記憶している。
わたしとあなたとの間には、うすい布のカーテンのようなものがあったと思う。

布団の上で横になって一時間以上は経っていたと思う。
すこし寒い。
あなたが寝ているのを分かっていながらも、「寒くないか?」と小さい声で言ってみた。
あなたはすぐに「寒い」と言うような言葉を返したと思う。
起きていたのかと思いつつ、「一緒に寝るか?」と言うようなことを訊く。
返事がないなと思っていたら、数秒たってからあなたの方向から音がした。
見てみると、布のカーテンの様なものに映る、ベッドからでる足の影を見たので、あなたが私の所に行こうとしてるのがわかった。
わたしは「寒いから布団の中から出るなよ」と言い、足の影が引っ込むのを確認してから、起き上がり、立ちあがる。
布のカーテンのようなものをどけ、あなたのそばにたつ。私の寝ていたところよりも少しだけ明るい。
あなたはベッドの上にわたしが入れるスペースをつくるため少し退いた。そこにわたしが入る。
お互いに向かい合って寝ている状態。あなたは頭を布団の中にうずめ、私の胸に当てる。
わたしはあなたの頭をなでる。あなたはわたしの腰に両腕をまわしていたと思う。
あなたは少し震えていた。寒い中我慢していたからだと思うが、それ以外の理由もあるように思えた。



・・・、要するに同じ部屋の別々の布団で寝てたんだけど途中から一緒に寝たっていう描写なんですが、内容はここまでで終わっていて、なぜかある程度鮮明に覚えているんですね。
どうでもいいけど、目が覚めたときは謎に穏やかで安らかな心境にありました。
誰か夢診断してください(何
05/31 06:18 | メモ的日記 | CM:3 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/203-3da45753
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。