スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
さぁ、ゲームの時間だ
コピペスレ
自己デッキ紹介

【地族黄泉帝】

■メインデッキ40枚
【モンスター23枚】
1《冥府の使者ゴーズ》
3《風帝ライザー》
2《邪帝ガイウス》
1《氷帝メビウス》
3《ギガンテス》
3《巨大ネズミ》
3《素早いモモンガ》
1《クリッター》
1《魂を削る死霊》
1《N・グラン・モール》
1《お注射天使リリー》
1《D.D.クロウ》
1《聖なる魔術師》
1《黄泉ガエル》

【魔法10枚】
2《おろかな埋葬》
1《大嵐》
1《サイクロン》
1《早すぎた埋葬》
1《洗脳-ブレインコントロール》
2《強制転移》
1《地割れ》
1《地砕き》

【罠7枚】
1《激流葬》
1《リビングデッドの呼び声》
1《転生の預言》
2《強制脱出装置》
2《サンダー・ブレイク》



モンスターカードは、とりあえず昔からずっと使われてきたリクルーターである《巨大ネズミ》さんと《素早いモモンガ》さんで場にモンスターを並べ、帝モンスターを生贄召喚して殴るだけのデッキです。
リクルーターは墓地を肥やしてくれるので、《ギガンテス》もシナジーし、《巨大ネズミ》の効果をより強力なものにする為に、《お注射天使リリー》と《N・グラン・モール》を投入しております。

《聖なる魔術師》は有効に使えた記憶がありませんが、昔から使っていたので入れているだけで、《D.D.クロウ》は現環境でメタできるカードが豊富なので入れてあります。

魔法カードは(《おろかな埋葬》以外は)攻撃的かつ能動的な、制限・準制限カードで構成されており、普通に1枚1枚が強いので入れております。
《おろかな埋葬》では黄泉ガエルを墓地に送る他、《ギガンテス》のコストにする為に地属性モンスターを墓地に送ることもあったりしますw

罠カードは自身の《黄泉ガエル》の存在があるので、発動タイミングが比較的自由で汎用性の高いカードから選んでいます。
《転生の預言》は自分のリクルーターを再利用する他、《D.D.クロウ》と同様に現環境のメタカードとなるので普通に強力で、
《強制脱出装置》は自分の帝モンスターをバウンスして再召喚したりすることもあり、使い勝手がよく、《サンダー・ブレイク》は手札に腐ったカードを有効に利用できる汎用性の高い除去カードな為採用しました。



《森の番人グリーン・バブーン》と《ダンディライオン》があれば結構安定して強い部類のデッキになると思うんですが、持ってなくて涙目ww
ダンディは今週の大会行ったら持ってる人とトレードしてゲットするとしても、バブーンは入手が極めて困難だと思われるので、ちょっと別方向のデッキに変えようかと考え中ですw

具体的には、このデッキでは投入しなかった《スナイプストーカー》や《見習い魔術師》、《魔装機関車 デコイチ》、《ヴォルカニック・バレット》等を採用した、ドロー加速から強力な手札コストカード(《ライトニング・ボルテックス等》)を用いてからの攻めで戦うタイプのデッキですw
01/02 07:45 | メモ的日記 | CM:2 | TB:0
さぁ、狩りの時間だ
⊂(´∀`⊂⌒`つ≡≡≡  
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/297-45f9d3d7
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。