スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
64スマ:フォックスVSカービィについて
ほぼコピペスレ。
※100.5.16 色々適当に追記や編集w

080712001.jpg

画像は最低空ブラを余裕の表情でくぐりぬけているカービィ。立ち状態ならばモーションによっては当たるんですけどね・・・。


今回はフォックスの対カービィについての個人的な相性感をメモしていこうと思います。
ちょっと適当に書いたので誤字脱字や矛盾のある点もあるかもしれませんが、ご容赦ください。


私はプププランドの立ち回りしか知らないのでプププランドでのフォックス対カービィについて書きますです。


■フォックス側の狙うべきポイント
▼地上
・ブラスターでの対空(着地やジャンプの出際潰し)からの連携
・SJ差し込み
・下強、横強による着地狩り兼上強相殺
▼すり抜け台
・垂直ジャンプ様子見
・攻撃を出しながら中央台に着地or左右台に着地or一番下の足場に着地
・台すりぬけブラスターorAワザ
・高い位置に居る敵に対してブラスターで攻め強要

■カービィ側の狙うべきポイント
▼地上
・対空上強orSJAワザ置き
・ダッシュから掴みorSJドリルorSJNA差し込み
・ステップ反転上強置き
・横Cボタンジャンプ攻撃出しながら左右台に直乗り
・大ジャンプから差し込みor飛行の2択かけ続けてライン攻め
▼すり抜け台
・ジャンプから差し込みor飛行の2択かけ続けて様子見
・台すりぬけAワザ差し込み
・左右台の上に居るフォックスに対して横から差し込み


まぁざっとこんな感じでしょうか。
あ、上に画像が張ってある通り、証してみた結果フォックスの最低空ブラではカービィのダッシュを止めれないようです。なので、基本的にブラスターで地上戦制圧は困難だと考えるべきでしょう。たまに止めれたことがあるって人居るようなのでごくわずかなモーションだけ当たるのかも知れませんが、不確定要素すぎるので狙えたものではありませんね。

※10.5.16 追記 随分前に検証した結果、当たるモーションもありました。が、どちらにせよカービィ側のダッシュタイミングにより当たるか当たらないか決まるので不確定要素。
当たる場合と当たらない場合の検証画像はコチラコチラ


んで、ここで私の前提として、人と人が対戦してるっていう点も考慮していきますね。
まず反応速度についてですが、フォックス側はカービィのステップ反転上強を見てから横強置きとかできないレベルで、カービィ側はしゃがみ中にフォックスのSJドリルを見てから上強できないレベルだとします。お互いに。
んで操作精度についてですが、フォックス側は最低空ブラを精度30%もだせないレベルで、カービィ側は横スマガードさせた後反転上強の固め成功率が30%もだせないレベルだとします。要は猶予1Fの動作は安定しないレベルですね。


ここからは重要なポイントを絞って書いていきます。

●前方ダッシュから差し込む場合
フォックス側が差し込む場合、カービィの上強置き、SJ後A対空、ステップ掴みだけでほぼ全差し込みを封じられるのである一定の距離以上詰めての差し込みが非常に困難。
カービィ側も差し込む場合、フォックスにはブラスター、引きSJ攻撃置き、垂直ジャンプ回避、SJドリル等でハイリターンの差し返し選択肢があるので、うかつにフォックスの射程範囲内には踏み込めなかったりしますね。

●不利な状況から逃げたい場合
フォックス側はジャンプ力の高さでうまく逃げることができますが、空中横移動速度はカービィの方が上なので、着地狩りの読みあいになります。プププだと一応ある程度の安定はします。
カービィ側はとりあえず上強連打するのと、引きジャンプからふわふわしてライン回復する手段が存在します。
緊急回避はお互いに見てからダッシュ掴みが間に合ったりしますが、フォックスはあまりリターンが無い上に少しミスると上強暴れもらって即死する場合があります。カービィ側は投げによって外に出せれば%によってはそのまま復帰阻止でストック取れるワンチャンスとなりえます。

●主要コンボ始動ワザの当てやすさとリスクリターン
フォックス側は単発で相手を浮かせるワザ(上強、J上A等)を当てづらいので、基本的には各種空中攻撃を差し込むことから始めます。相手が中~高%なら着地狩りでの下強等もハイリターン。
ですが、基本的に自分から差し込む場合においてはカービィの上強置きによるほぼ即死のリスクを背負うことになります。うまくカビ側の意識を誘導させることがコツですね。

カービィ側は暴れワザ兼対地対空両用置きワザ兼差し込みワザの上強が、ヒットしたらずらされても約60~即死%まではもっていける優秀なリターンがあり、リスクはフォックスの強攻撃に相殺不利とられてダッシュ掴みされる程度です。
ドリル関連のワザもフォックスのワザの判定に対しては打ち勝ちやすく、当たると上強につながるので同程度のリターンに、状況によってはブラスターで対空されるリスクしか背負っていません。
J後A、JNAなどの差し込み兼置きワザは、当たればフォックスの%によっては起き攻めできる有利状況~場外ふっとばしのリターンが期待できる優秀なワザで、リスクは状況によって真上からのドリルに狩られたり、ブラスターで対空される程度です。

●上に逃げた相手に対しての動作
フォックス側はブラスターけん制があるので、カービィ側は降りて来ざるを得なくなります。 でないとゲームが進みませんw

カービィ側はフォックスのジャンプの上昇速度に追いつけず、また真上からの差し込みに対しては上強以外に選択肢を持たないので、空中で真上を取られないように立ち回る必要があります。最悪真上から差してきたドリルをくらってしまい即死まで行く可能性もw
よって、斜め下からJ後Aでラインを詰めたり、遠距離から多段ジャンプを用いて自分から真上をとって行きたいところ。

●復帰阻止云々
フォックス側は高い位置からであれば2択っぽい復帰軌道により生き残れる可能性があります。ある程度以上低い位置からだと空中下A、空中後ろA、下強だけで色々詰んでます。
カービィ側は高い位置からであれば空中制御を間違わない限り簡単に復帰できますが、ある程度以上低い位置からだとフォックス有利な読みあいになり、復帰できない確率が高くなっていきます。ブラスター、空中前後A、強攻撃、リフレクターあたりで詰む場合が多いです。



まぁこんな感じでしょうか。
フォックス対カービィにおいては、あきらかな判定差があるので、フォックス側は判定をぶつけにいくことはできない代わりに早さでかく乱していく感じで、カービィ側は動作が遅いかわりに全てにおいて判定の強さをおしつけていく感じの立ち回りになってきます。
基本的に互いに差し込むのが非常に困難であり、どちらかと言えば差し返す方にリターンもリスクも低く済むケースが多いので、お互いにぎりぎり敵の差し込みを狩れる様な間合い取りを狙っていき、釣りあいつつ意識の隙を見つけて読みあっていく感じで、無理だと思ったらすぐに安定行動でラインを回復するゲームだと思います。
1度攻撃がヒットした場合のリターンはお互いにとても高いので、どこまで立ち回り方で最初の1発をあてるかが重要ですね。


現時点での相性としては、ややフォックス不利くらいかなーって思っていますが、フェイント(釣り)のポイントと読みあい放棄ネタの数でいくらでも差を縮められるかなーって感じです。

とりあえず現在の課題としては
ダッシュ接近してくるカービィに対する安定した対処法が無い(ジャンケンになる)※10.5.16 追記。そういえばこの間解決しました
・ライン回復しようとして2段ジャンプしたあとの着地点を上手く読まれて着地狩りや対空を食らってしまうと、そのまま即死してしまう
・崖を背負ったカービィに対する火力がとれない事による、カービィ側の引き動作の安定感
・崖を背負ったフォックス側が攻撃を食らってしまった時の即死率の高さ
この4点でしょうか。

フォックス側としてはカービィ側に崖を背負わせても特に意味はないので、ブラスターけん制でカービィ側に攻めてもらってから差し合って火力とっていく感じになるのですが、これだと必然的にフォックス側が崖を背負うことになり、カービィのガンダッシュからのジャンケンに負けるだけで即死、ジャンケン放棄しようとして空中に逃げても着地点読まれたら即死 っていうのが難しいですね。
うまく位置取り間合い取りをすることが、対カービィでは何よりも重要だと思います。
07/13 07:12 | スマブラ | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/378-b6b9140d
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。