スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
寒波と緊テレの発動順番について
マッチ1戦目の後攻1ターン目に《大寒波》と《緊急テレポート》及びチューナー以外のモンスターが手札に存在する場合の後攻1ターン目のプレイングについて。


相手が先行で、魔法・罠を数枚セットしてエンドしている状況に、こちら初手から《緊急テレポート》及び《大寒波》が存在している場合、うまくこの2枚を使用して阻害されないようにシンクロ召喚をしたいものですが、ではこの場合どういった発動順番でいけばいいのかというお話。

この場合簡単に分けると2つに選択肢が絞られます。

A:スタンバイフェイズに緊テレ発動、メインフェイズに大寒波
B:メインフェイズに大寒波、それにチェーンして緊テレ発動

あまり大差ないのですが、自分の他の手札と相手のセットカードによってどちらが良いかは微妙に違ってきたりします。

Aの場合、スタンバイフェイズの緊テレが通るかどうかで弾圧の有無を確認する意味を持たせることができるが、その後のメイン寒波時にフリーチェーンカードである《月の書》や《サンダー・ブレイク》でチューナーを除去されると逆に自分のやることが無くなる場合があります。

Bの場合、大寒波を発動したチェーンブロック内で緊テレを発動することで、Aの弱点であるフリーチェーン除去による妨害はされないものの、弾圧の存在有無を確認していないのでチェーン3での弾圧が怖いところです。これも緊テレを弾圧されただけで自分のやることが無くなる場合があります。



例えば後攻1ターン目で初手が《大寒波》《緊急テレポート》《トラップ・イーター》《ゴブリンゾンビ》《激流葬》《闇の誘惑》であった場合。

この手札でAをしてしまい、寒波プレイ時にフリーチェーンカードでチューナーを除去された場合はゴブリンゾンビをセットしてエンドするくらいしかなくなります。
が、Bのプレイであれば、仮に緊テレを弾圧されても、その後トラップ・イーターとゴブリンゾンビからのシンクロに持っていけますね。

逆にAの方がBより有効な場面としては、相手のセットが《神の宣告》であった場合。
その場合は相手としては神宣をシンクロ召喚に発動したいがために緊テレを許す場合があります。
相手がスタンバイ緊テレには神宣をしなかった場合、大寒波を発動すると相手側としては神宣を発動するかしないかの選択を迫られることになり、(その状況によって様々ですが)寒波を無効にされなければ安全にシンクロ召喚、無効にされたらこちらも魔法・罠が使えるということでどちらにしろBより有効になる場合があります。
緊テレに対して神宣してきたとしても、その後こちらには大寒波は発動せず、闇の誘惑発動や激流葬セットといった選択肢もでてくることから、やはりBよりもお互いにとって選択肢が増えてきますね。


結論としては、状況にもよりまずがたいていの場合はBの方が読みあいが少なく、状況を限定しやすいので試合展開を思い通りに進めやすいのが大きいメリットなので、私は基本的にはBのプレイングでいきます。
皆さんはどうですか?
01/01 23:53 | 遊戯王事務局回答/考察 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/424-2cc09a30
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。