スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
1ターン生き残るために
今流行りのネコデッキミラーマッチ戦でのクソゲー展開を生き残る手段について考えてみる。


・トラゴエディア
攻撃を凌いでくれる他、手札を多く持っている場合は逆転できたりもする強い子。
寒波からのラッシュをこれで止めて、相手が処理できずにエンドしたら返しのターンに即死カウンターすることもできる。DDBで飛ばして2000点は大きい。
攻めてるときには使えない点と、手札少ない場合はほぼ使えない点に注意。

・ネコマネキング
ライコウや偵察者の存在があるため、基本的にミラーマッチ戦ではラッシュをかける場合裏守備には効果破壊(主にアーカナイト)から入る。
それを読んでネコマネキングセットしてるとすごくおいしい状況ができたりする。
また、相手ターン内の魔デッキ対策や、エアベルンのハンデス対策にもなったりする。
レベル1獣族なのもポイント。

・ライフ・コーディネイター
相手がラッシュしかけてきたメイン2に、トドメでDDBがアーカナイト飛ばしたときとかに使えると神。
他の守る系のカードでは仮に生き残ったとしても、返しのターンに相手の場に残ったカードを除去しなければ無意味な延命となるので、返しの手札が他に必要になってくるが、このカードは単体で1:2交換が望めすぐに反撃にも移れる。
ミラーマッチでは相手がDDBの効果を発動した時くらいにしか使えない為、火力だけで8000点とられた場合には無力な点と、使えるシーンがあっても、相手がDDBの効果を使うということはこちらのライフポイントは残りわずかになっていると言えるため、ライフポイント的に厳しい戦いになる点に注意。

・ドラゴン・アイス、ファントム・ドラゴン
防ぎきれない場合が多く、使い勝手もそこまで良くない。
正直採用は期待できないカード。

・スケープ・ゴート
4枠壁を作れるのでラッシュを生き残りやすい。
自身のシンクロにおいてもサポートカードとなることができ、フリーチェーンなのが優秀。
魔法カードであるためサモプリのコストにもできる点が高評価。
地味にトークンは地属性獣族なのでコアラッコやナチュル・ビースト、ナチュル・パルキオンとのシナジーもあったりする。

・威嚇する咆哮、和睦の使者
とりあえず生き残れるフリーチェーン罠。
返しのターンに自信があるならこれで凌げば一番安定。
ただし相手が先に寒波等を発動していて、セットできなければ使えない点に注意。

・強制脱出装置
基本的には偵察者セット状態からのラッシュが多いため、相手が裏守備1体居る状況で寒波発動されたときに戻してしまうと、テンポを狂わせることができたりする。
自分が攻めている時に、相手がだしたトラゴ戻して無理やり攻めを続行したりもできる上、シンクロモンスターにも1発解答出来るため、相手が罠ネコ状態(ナチュル立てて奈落等をセットしている状況)のとき等でかなり活躍する。
むしろこっちがナチュル立ててこのカードをセットしておきたいものである。
ラッシュを完全に防げるわけではない点に注意すべきだが、テンポを取るという意味での汎用性は抜群。



エキストラターンに入った場合まで考えると、サイド向けなのは時間稼ぎになる罠カード達が優秀で、メイン向けなのはトラゴエディアとスケープ・ゴートって感じでしょうか。
04/05 10:19 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/462-4eb57a1f
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。