スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
最低限のプレイング
デュエル中の注意点について。
基本的なことですが、最近できてないことがあると思いまして、改めてチェックするべく自分用メモでも書いてみます。


■ドローフェイズ
・引いたカードだけ見る。この時はまだ手札シャッフルはしてはいけない
・何を引いたか悟らせないため、他の状況は見ない
・ただし要所要所でのダストシュート警戒で速効魔法発動できることは意識しておく

■スタンバイフェイズ
・何を引いていたとしても、手札全部と場、墓地の確認をする
・上記の行動はフェイズ移行宣言後の相手優先権放棄を確認してから行う
・黄金櫃や黄泉ガエル等のフェイズ間処理を忘れないようにする
・大寒波を使用する場合、スタンバイで発動した方が良いカードがあることも意識する
・すぐにメインフェイズに入る必要はない。ここでじっくり考えてからメインフェイズに移行する

■メインフェイズ
・スタンバイフェイズで考えたことを元に、ひとつひとつプレイしていく
・優先権放棄確認を怠らない
・相手の使用デッキタイプ・場・墓地・手札の枚数等も考慮したプレイをする
・できれば次のターンのドローするカードの確率も意識したプレイをする
・基本的に1ターンの目安である3分を使い切るくらいのゆっくりプレイ意識で


■カード管理の仕方について
・無理に上級者ぶって脳内管理しようとはしないこと。
・黄金櫃の効果で除外したカードはカウンターを載せれば良いし、ドローフェイズスキップはデッキトップのカードを横にすれば良い。
・黄泉ガエルやネクロガードナーも分かりやすくするように横向きで墓地に置けば良い。場合によっては馬頭鬼やゾンビキャリア等も。
05/10 02:16 | 遊戯王事務局回答/考察 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/474-1e830e4c
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。