スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
デッキ選択の話
コピペスレ。

12月末にスズ@ジャガさん主催の非公認大会がありました。
結果としては予選落ちというひどい有様だったわけで、対戦レポとかはもうどうでも良いので書きませんが、その当時のデッキ選択についてのお話です。
レポよりこちらの方が書き記しておく意味があると思うのでw

-----------------------------------------------------------------

■環境読み
まず、今回の大会では中部のメンツだけが来るわけではないので、当然のことですが色んなデッキ・プレイヤーと戦う想定をしていました。中部だけの環境と比べて読みづらい点があったって言うことですね。

その読めない環境で自分の使用デッキを考えたとき、汎用性があり、速度のある強いデッキを使おうかなと。まずそこから入りました。


■消去法で考える
そこでまず候補に上がったのは
ライトロード、アンデロード、シンクロアンデ、酒アンデ、カウントダウン、次元スキドレ、旋風BFの7つ。

その内ライトロード、カウントダウン、次元スキドレ、旋風BFは候補から最初に消えました。
理由としては、ライトロードやカウントダウンは勝ち筋に乏しいこと。次元スキドレと旋風BFはぶん回し要素が少なく、ワンチャンストップ解決できるパワーカードが存在しない為、「上手くバランスの良い手札だったら勝てる」程度の感覚であれば、同じく良手札だったら展開力も速度もあり、ワンチャンストップ解決カードが多く存在するアンデロードの方が強いなと思い除外。

残ったのは、アンデロード、シンクロアンデ、酒アンデ、
この時点でぎりぎりまで調整をしていたのがシンクロアンデで、今のシンクロアンデはアンデロード等の速度には追いつかないものの、転移トラゴをフル投入した形のシンクロアンデであればライトロードの速度に負けず、またスキドレ中のバルバロスなんかを転移で奪うコントロールゲームが展開できるんじゃないかと思いメタ的にも強い立ち位置だと考えて調整。

結果として、勝率自体はそれほど高い水準を維持できるわけでもなく、結局ライロ側が良い回り方をすれば負けるし、次元スキドレ相手に転移引かなければ厳しい上にその転移もカウンターされて負ける感じになって、”ワンチャンスあれば勝てる”くらいの考えなら、同じくワンチャンス掴めれば恐ろしい回り方を見せるアンデロードの方が強いとこれもまた除外。


■最終的に2択
残るはアンデロードと酒アンデ。この2択になりました。
アンデロードは以前記事にしたように汎用性と速度、そして多方面からの攻め筋を持ち合わせており、非常に高いデッキパワーを持っていて、リスクを覆い隠すだけのリターンがある高い水準のデッキですね。

それに対して酒アンデ。
基本的に運が絡むがシンクロアンデ並の展開力を持っており、ライブラリーアウトという全デッキに共通した最強の汎用性とも言える勝ち筋も持ち合わせている。
ライトロード系統のデッキにまずメインデッキ構造的に有利に作られており、スキドレ次元を相手にでも悪くはない相性。メタ外との試合でもシンクロ大量展開かライブラリーアウトのどちらか通用する方での勝利を狙えるので負ける相性は比較的少ないと言えます。
が、問題点がありまして。


■酒アンデの問題点
1.特殊召喚メタに弱い
これはまず誰もが思う致命的な欠陥ですね。王宮の弾圧及び虚無魔人等に弱すぎます。
アンデロードではライラやライコウが後ろのカードを割った上での切り札特殊召喚が狙えましたが、酒アンデでは大嵐サイクロンくらいしか弾圧を割るカードが存在しません。虚無魔人に関しても一応アンデロードではライコウ、ケルビムの効果や洗脳からのリリース等での処理が可能ですが、酒アンデでは立たれると完全に詰むレベルです。
また、カイクウ等はサイド採用率も高く厄介で、可能性は低いものの王宮の鉄壁やネクロバレーなんかも出されると相当辛いです。


2.バトルフェーダーの裁定
ライブラリーアウトを狙っていく上で必要となってくる遅延カードの中でも素晴らしい性能を持っているバトルフェーダーですが、これは相手の直接攻撃宣言時に発動できる誘発効果です。
これが何を意味するのかというと、相手が直接宣言時に優先権を行使してクイックエフェクト(スペルスピード2以上のカード)を発動した場合、バトルフェーダーは誘発効果(スペルスピード1)の為そのタイミングで効果を発動出来ないと言うことです。基本的にスペルスピード2にスペルスピード1はチェーン出来ませんので。
大会当日にOCG事務局に問い合せた際は調整中とのことでしたが、ジャガ杯では基本ルールにのっとりSS2にSS1はチェーンできないものとして扱うと言うことだったのでこのカードに対する信頼感が薄れました。
仮にライフ残り3000以下の時に相手が裁きの龍で直接攻撃→宣言時にサイクロンなり異次元からの埋葬なり適当に発動!ってされたらフェーダー出せずに死にますからねー。
まぁそんな特殊な状況は極めて少ないかもしれませんが、それでも相手のワンショット潰せる強力なカードなのにそれが相手の札によって確実なものではなくなる可能性が存在しているというだけで信頼感が薄れますね。

3.奇跡の発掘の裁定
このデッキにおける4~6枚目の異次元からの埋葬とも言え、またキーカードとなる奇跡の発掘ですが、これも特殊な裁定がありまして。
大会当日に事務局に電話した時点では調整中とのことでしたが、ジャガ杯においてはこのカードに関しては貪欲な壺と同じような扱いをするとのことでした。
つまり、指定した3枚のカードの内1枚でも、異次元からの埋葬等で除外ゾーンからなくなった場合、効果解決時に不発となり残り2枚は除外ゾーンに残ったままになるということです。
例えばアンデロード戦を想定した場合、こちらの勝ち筋となる奇跡の発掘をほぼ不発にされてしまったとき、残ったカードの地力の差でどちらが有利か考えれば、この裁定が存在することでどの程度のリスクをはらんでいるか分かるでしょう。
こちらは除外ソースを利用した特殊召喚からの展開しか勝ち筋が無いにもかかわらず、相手は普通に下級ライトロードモンスターでも戦えるんですからねー。

4.その他
ライトロード、カウントダウン相手に有利、スキドレ次元に対しても5分いけるとは言え、ミラーマッチ戦の練習をしていなかったのでその辺で煮詰めていない点があったり、相手の除外ソース(公開情報)から相手の持つ非公開情報の可能性を想定していってプレイングを変えたり等がうまくできていない点があったっていうのも理由ですねw


■残るは・・・
そうして今存在する弱点を広くカバーし、リスク(事故率)に見合うどころかそれを覆い隠すだけのリターンを持ち合わせたアンデロードと言うデッキが残ることになりました。
そして私自身もこのアンデロードに関してはプレイング面でも他デッキより煮詰めていましたので、最終的にはこのデッキで行くことに。


-----------------------------------------------------------------

まぁ結果として負けたんですが。
敗因は私のミスだったわけですが。
釘さんに似た様な言い方すると、相手に負けたなんて一切思ってないわけですが。
ひとえにそれだけであり、デッキとしての完成度・構築理論としても優勝していておかしくないレベルだと今でも思っていて、それ故にもっと自分が向上しないといけないなと思わされる内容でした。 たいそれたこと言うようですけどねw
のびしろがあるとモチベ上がる! (´∀`

まぁこのくらい考えた上での選択なので適当に運ゲーしたかったわけではないですよって事でw
01/07 02:08 | メモ的日記 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/590-38d871cf
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。