スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
ランキング
私的デッキタイプランキング。

Sランク
アンデロード、酒アンデ

Aランク
純ライロ、旋風BF、シンクロアンデ

Bランク
剣闘獣、次元スキドレ、HERO、クロック


勝ち筋の強さ、安定感、メタ的な環境適合具合の順に評価。
以下、それぞれを評価




・アンデロード
勝ち筋の数と其故のトップメタって意味でSランク。ライトロード要素による汎用除去&墓地肥やしと、その墓地アドバンテージを利用したアンデット要素等による理不尽な爆発力が売り。
先攻1ターン目で次のターン勝ち確定なアド差がついたでござるの巻。

・酒アンデ
シンクロによる大量展開と、ライブラリーアウトという2種類の勝ち筋を持ち、その勝ち筋で全デッキに対して戦える安定感。
特にトップメタのライロ系統に強いって言う意味での環境適合度でも最高ってことでSランク。
弱点に対する脆さを克服できれば最強デッキだと思います。

・純ライロ
アンデロードより勝ち筋を殴り勝つ事に限定している分、速度が早く鋭いデッキ。狙いが定まっている為事故率も低いが、逆に攻め筋が除去&ビートダウンして行くことにしかないので対策されやすいのが難点。
しかしながら速度やアドバンテージ効率面においてこれほど理不尽なデッキも珍しく、メタの中心にあることは間違いないのでこの位置。

・旋風BF
安定感と言う意味ではトップクラス。
各種魔法&罠カードによるサポートのおかげで、サーチカードがあり、打点負けせず、シンクロもでき、場合によっては大量展開が可能で、汎用除去があり、環境にあったメタ永続と相性が良いという、非が見当たらない程の強さを持っている。
が、飛び抜けた部分もなく、それ故に他のトップメタデッキがぶん回ったときに対処が追いつかず負けてしまうこともしばしば。

・シンクロアンデ
パーツが揃ってからのシンクロモンスター大量展開によるワンショットが持ち味。
リクルーター、サーチャーを多く積めるおかげで、アド損無くパーツ集めをできるあたりに安定感がある。
問題は速度。準備が整うまでにターンが必要になってくるが、ライトロード系統相手ではそのパーツが揃う前に火力負けすることもしばしばあり、メタ要素を含んだデッキに対しても非常に脆い一面がある。
とは言えトップレベルの安定感と、構築の幅の自由度が様々な派生を組め、環境読みを間違わずに構築をできれば十分トップを狙える。強いものは強い。

・剣闘獣
旋風BFの様に、戦闘をこなす度に万能な動きを見せてくれる上、回収可能なノーコスト天罰の存在が鬼畜で、攻めれば攻めるほどに制圧して行く鬼の様なデッキタイプ。
しかし環境的に見たとき、旋風BFとは違い圧倒的に打点が足りない。それのせいで、持ち味となる戦闘後の効果が使いづらい環境となっていて、戦績を上げきれていない部分がある。
しかし08年で日本だけではなく世界も制覇した強さは伊達じゃなく、攻めに繋がる何かがあればいつでもトップメタを狙えるデッキだと思われる。

・次元スキドレ
ライトロード、アンデットという墓地依存型の効果モンスターを主軸にしたデッキがトップメタにある中、スキルドレインと次元の裂け目という2大メタ要素で拘束して相手が動けないで居る間に、バルバロスとエアトスの高打点による押しであっという間にライフを削りきるメタデッキ。
恐らく現環境のメタビートとしてこれほど極端なデッキは無いんじゃないでしょうか。
基本的に内容が割れてしまったデッキは対策を取られるものですが、このデッキの構築論は進化を続けていて、今ではお触れに対してもメインから対処ができ、むしろミラーマッチ戦までを対策したものまで出ている始末で非常に構築上崩しづらいものでもあります。
しかしながらいくら構築論が進化しているとは言え所詮メタハイビ。きっちり構築上の脆弱性を付くように対策を取られると辛い上に、偏らせすぎたせいでの事故率が目立つ。
さらに自分が後攻の時、トップメタ側が先攻1ターン目に作った理不尽なアド差の布陣をどうしても初手6枚だけでは切り崩せなかったりする場合があるのでこの位置。
今後は派生となる次元エアトス剣闘獣に期待ですね。

・HERO
最近続々と強化され、また環境に対して相性がよくなりつつあるデッキ。
基本的に融合モンスターの性能が非常に高く、また種類も豊富で、サポートカードが満遍なく揃っているので速度も早い上、アドバンテージ面での効率も高水準。
さらに融合モンスター達は群雄割拠、スキルドレイン等があっても自分の動きが阻害されづらい為、永続罠で相手の動きを縛りつつ自分の行動を押し付ける事ができ、その辺でトップメタ相手への有利をとっていける。
下級モンスターも火力こそ平凡であるが、効果は素晴らしいものがあり、召喚するだけで・場に維持するだけでアドバンテージを稼げるものが多く、一度テンポを取ると攻め札が尽きない。
今後に期待が持てるデッキの一つ。

・クロック
勝ち筋が1つしか無く、それ以外での勝利は完全放棄している為、対策をとられると死亡する。
が、相手のデッキによっては対処法が存在せず、ある種安定した確実な勝利が狙えるという点では素晴らしい物になっている。
また、ライトロード系統のデッキ相手にはカウントダウンを引けずとも、ターン稼ぎする為のカード達だけでライブラリーアウトを狙えるため、対処法を知られていない内は最強だったかもしれない。
地雷は地雷であるからこそ強いというのがよく分かるデッキ。
01/10 00:01 | メモ的日記 | CM:2 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/591-bb698209
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。