スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
【デッキ】アンデロード【総括】
※10.3.3 色々追記・編集

もう3月になるので、今期を振り返ってみます。
主に使っていたのは、アンデロードでした。
一番結果出せたものでもあるし、使いこなせたデッキでもあります。




■デッキ

デッキ名:アンデロード
使用者:すねーく

■メインデッキ40枚
【モンスター25枚】
2《裁きの龍》
1《ダーク・アームド・ドラゴン》
1《冥府の使者ゴーズ》
2《カオス・ソーサラー》
1《ライトロード・エンジェル ケルビム》
1《ライトロード・ビースト ウォルフ》
1《ライトロード・ウォリアー ガロス》
1《ライトロード・パラディン ジェイン》
2《ライトロード・マジシャン ライラ》
3《ライトロード・サモナー ルミナス》
1《ライトロード・ハンター ライコウ》
1《ゾンビ・マスター》
2《馬頭鬼》
2《ゴブリンゾンビ》
1《ゾンビキャリア》
3《ネクロ・ガードナー》

【魔法14枚】
3《光の援軍》
3《ソーラー・エクスチェンジ》
3《異次元からの埋葬》
2《闇の誘惑》
1《大嵐》
1《ハリケーン》
1《ライトニング・ボルテックス》

【罠1枚】
1《狡猾な落とし穴》


■サイドデッキ15枚
【モンスター9枚】
1《エレメント・マジシャン》
2《トラゴエディア》
2《虚無魔人》
1《霊滅術師カイクウ》
3《D.D.クロウ》

【魔法3枚】
1《サイクロン》
1《洗脳-ブレインコントロール》
1《ライトニング・ボルテックス》

【罠3枚】
3《砂塵の大竜巻》


■エクストラデッキ15枚
【シンクロモンスター15枚】
1《A・O・J ディサイシブ・アームズ》
2《氷結界の龍 トリシューラ》
1《ミスト・ウォーム》
1《インフェルニティ・デス・ドラゴン》
1《ギガンテック・ファイター》
1《ダークエンド・ドラゴン》
1《スターダスト・ドラゴン》
1《ゴヨウ・ガーディアン》
1《蘇りし魔王 ハ・デス》
1《デスカイザー・ドラゴン》
1《氷結界の龍 ブリューナク》
1《マジックテンペスター》
1《マジカル・アンドロイド》
1《A・O・J カタストル》




■対デッキタイプ別サイドチェンジ
サイドチェンジプランは別記事でアップしました。
コチラ

■アンデロード構築・プレイング・確率論
環境中盤に書いたものなので、トリシューラ等がカードプールに存在しない時のものですが、基本的な理論は同じだと思います。
コチラ

上記のものは最終的な構築。
下記に戦績の話等を追記。


■今期戦績
●10月25日/トイパラダイス/上位ならず:アンデロード
ベスト4。まだアンデロード使い始めで、構築はおろかプレイングも悪い。
最初にライトロードとスキドレ植物に理想的な動きをされて負ける試合があり、ダメでした。


●11月8日/トイパラダイス/上位ならず:アンデロード
ベスト5。最終試合でミラーマッチ負け。勝てれば優勝だったので、1戦目はどうしようもなかったが、2戦目はミスがなければ取れていたかもしれない内容だっただけに悔しさの残る試合。
まだサイドチェンジが不完全な時期でもあります。
その日は夜にあーまんさんとフリー試合を連続19戦したりして、だいたいこの辺を境に、プレイングを磨きはじめる。


●11月22日/トイパラダイス/2位:アンデロード
プレイングの指針を固めるにあたって、それまで44枚程度だったメインデッキの構築を見直した結果41枚に。
サイドプランもミラー戦とメタビ戦のみに絞り、プレイングもそれ用に練習した結果が出せた日。


●11月29日/トイパラダイス/2位:アンデロード
メインデッキは微調整をかけた程度で、基本的な変更はなく。
サイドプランを、この頃から流行り始めたメタビと酒アンデ用のものに調整。
結局負けた試合はミラー戦ではあったのですが、綺麗に試合展開操作して、最終的にこちらの場には裁き&カイクウ&ゴブゾンで相手のライロ3種類に減らして、アンデ要素も全部無い状況かつ相手のハンド2枚のところまで追い詰めたのに、そこからトップドローソラエク→死者転生でライロ回収から無理やりソラエク使う→誘惑→誘惑で裁きとソーサラー引かれて負けって言う神引きでの負けだったので仕方無し。
この辺から自分のプレイング理論をある程度確立させる。


●12月13日/トイパラダイス/1位:虚無アンデロード
より試合プランを組みやすくする意味合いと、メインから同系や酒アンデに強くしたい意味で虚無を採用したものを使用する。
3回同型戦があったが全タテし8-0優勝できた日。
相手からすると虚無魔人を出される前に潰しにかからないといけないのに、(アンデロードは返しに長けてるので)下手に攻めに行って返しから逆転されるのも怖いという2重のプレッシャーを受けるので、使っている側としては相手の動きを操作しやすく、とても馴染んだ形。


●12月27日/スズ@ジャガ主催個人戦大会/上位ならず:虚無アンデロード
大会当日の精神面に問題あり。
使用デッキは変更無しだったが、負けないだろうと思い軽い気持ちで参加したものの、予想外の出来事に気持ちが焦りすぎ、勝ち確2回逃した。無い。
おかげでこの日以降は試合中に気持ちのゆらぎがでない様、メンタル面向上しました。


●1月10日/トイパラダイス/1位:虚無アンデロード
プレイングやメンタル面でもさらに磨きをかけ、サイドプランも無駄を省きほぼ完成形に近い虚無アンデロードができたかなと言う感じ。
相当練習したかいもあり、この頃には思考時間をほぼ費やさずにプレイできるようになっており、最後のミラー戦においてはものの数分で詰ませて2-0とれた日。


●1月24日/トイパラダイス/2位:アンデロード
トリシューラの鼓動が稼働して初の大会。
負け試合は相手に先攻をとられ、かつ2ターン目にディサイシブトリシュトリシュされて即死食らったのでどうしようもありませんでしたが、それ以外は要所要所で確実に相手の反撃の芽をトリシュで摘む感じでした。
良くも悪くも、とにかくトリシューラが暴れまわった内容。
最後のくじ運によっては優勝が狙えてただけに、おしかった日。


●2月21日/スズ@ジャガ主催3on3/1位:アンデロード
特殊ルールにより、カードプール制限のかかった大会。
インフェルニティが解禁された直後の日でもありました。
3人で合計1人分の制限だったので、闇の誘惑1枚ゴヨウトリシュ無しの縛りがあったけど、その他は問題無い構築で挑む。
結果はチーム、個人戦績共に5-1での優勝。
サイド内容的にインフェルニティに対してどうしようも無く、そのどうしようもない相手にだけ1-2で負けましたが、他は全部なぎ倒す。トリシューラ無くても全然問題無かった。


●2月28日/マンガ倉庫泡瀬店/1位:アンデロード
最後の日と言うことで、文句無しに最も無難で王道な構築で。
相手のデッキ別のサイドチェンジプラン・プレイングに関してもようやく完成形までもっていけたかなと言う感じ。



××221×1211


02/28 23:58 | 遊戯王 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/612-792a7d00
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。