スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
アンデロード:サイドチェンジプラン
前期使用していたアンデロードのサイドチェンジプランについて。
元となるデッキはコチラ



■サイドチェンジプラン

●対ミラーマッチ・ライトロード
in
2《トラゴエディア》
2《虚無魔人》
1《霊滅術師カイクウ》
1《洗脳-ブレインコントロール》
1《ライトニング・ボルテックス》

out
2《裁きの龍》
1《冥府の使者ゴーズ》
1《ライトロード・マジシャン ライラ》
1《ライトロード・サモナー ルミナス》
1《大嵐》
1《ハリケーン》


●対酒アンデ・シンクロアンデ
in
2《虚無魔人》
1《霊滅術師カイクウ》
3《D.D.クロウ》
1《サイクロン》

out
2《裁きの龍》
1《冥府の使者ゴーズ》or《ライトロード・ビースト ウォルフ》
1《ライトロード・サモナー ルミナス》
1《大嵐》
1《ハリケーン》
1《ライトニング・ボルテックス》


●対BF
in
2《トラゴエディア》
1《サイクロン》
1《洗脳-ブレインコントロール》
3《砂塵の大竜巻》

out
2《裁きの龍》
1《ライトロード・サモナー ルミナス》
1《ゾンビ・マスター》
1《ゴブリンゾンビ》or《ソーラー・エクスチェンジ》or《光の援軍》
1《ライトニング・ボルテックス》
1《狡猾な落とし穴》


●対次元エアトス
in
1《サイクロン》
1《洗脳-ブレインコントロール》
1《ライトニング・ボルテックス》
3《砂塵の大竜巻》

out
2《裁きの龍》
1《ライトロード・ウォリアー ガロス》
1《ライトロード・サモナー ルミナス》
1《ゾンビ・マスター》
1《狡猾な落とし穴》



サイドチェンジ後のライトロード要素は、基本的に援軍とソラエクによる手札交換用&墓地肥やしパーツと考えています。よって裁き龍と少数の下級ライロを抜くプランが多い。
そしてサイドチェンジ後は事故率を可能な限り下げつつも、チェンジした対策カードをドローする確率を少しでも上げたいので、ソラエクや誘惑等のドローソースを抜く選択肢はまずありえません。

真っ先に裁きの龍が良く抜ける理由としては、
・裁きの龍をデッキに残してしまうと、下級ライロを減らすことが難しくなり、デッキバランスを維持したチェンジプランを組みづらくなる
・相手も対策カードを積んでくるので裁きの龍の召喚条件を満たすのが難しくなり、手札で腐る可能性が高い
・逆に裁きの龍を残してアンデ要素や異次元からの埋葬等を減らしてしまうと、ただの劣化ライロにしかならない

県内ではサイドチェンジの際に裁きの龍を抜く人見たこと無かったので、この辺の違いで差をつけれたかなーと。

こんな感じ。
02/28 23:49 | メモ的日記 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/614-aa96af1f
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。