スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
露払いとミズホ
六武衆を使うに当たって、ビートダウンにおいて邪魔な要素(戦闘破壊耐性持ちモンスター等)を突破したりする際にあると便利な選択肢として《六武衆の露払い》と《真六武衆-ミズホ》が存在します。
どちらも優秀な除去性能を持ち、《紫炎の狼煙》でサーチ可能なので、1枚デッキに入れておくだけで必要なときに呼べる保険としての機能を果たすのですが、どちらを採用すべきか。



《六武衆の露払い》
効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻1600/守1000
自分フィールド上にこのカード以外の「六武衆」と
名のついたモンスターが表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
自分フィールド上に存在する「六武衆」と名のついた
モンスター1体をリリースする事で、
フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。



《真六武衆-ミズホ》
効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻1600/守1000
自分フィールド上に「真六武衆-シナイ」が表側表示で存在する場合、
このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
1ターンに1度、このカード以外の自分フィールド上に存在する
「六武衆」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、
フィールド上に存在するカード1枚を選択して破壊する。




属性、種族、攻撃力、守備力は全く同じ。設定上露払いの昔の姿がミズホらしいですね。
ではテキストの違いを見てみましょう。

■六武衆の露払い
メリット
・自身をリリースできる
・1ターンに何度でも使用できる

デメリット
・破壊対象がモンスターのみに限られる

■真六武衆-ミズホ
メリット
・フィールド上のカード全てを破壊対象にできる
・シナジーのある《真六武衆-シナイ》と組み合わせることで自身を特殊召喚可能

デメリット
・自身をリリースすることはできない
・効果発動は1ターンに1度のみ

基本的には1ターンに1回以上効果発動する機会は少ないと思いますので、違いについては”自身をリリース出来る代わりに、モンスターしか除去できない”性能の露払いか、”自身はリリースできないが、魔法罠も破壊できる”ミズホかということになるでしょう。
この辺は好みでありますねw



私はと言いますと、現状露払いを採用しています。
理由としては、まず相手の魔法罠を除去したいシーンが少ない点が一つ。デッキにはサイクロン2枚に加えて砂塵の大竜巻や、真六武衆-シエンの存在があるので、相手の魔法罠に対しての脅威はそれほどまでに感じるシーンが現在特にありません。
さらに露払い+門2枚もしくは門1枚+結束2枚あった場合に、相手フィールド上のモンスターを全除去した上で総攻撃力10000以上並べる事が可能という、実用性の高いパターンを持っていて、実際相手の妨害が少ないと簡単に決まってしまう爆発力の1つとして機能する点。
ミズホも《真六武衆-シナイ》がデッキに2枚入っていることによってミズホ+シナイ+門+カウンターを貯める何かで無限に武士道カウンターを貯めるギミックを持ってはいますが、そもそもシナイをデッキに採用するかどうかの時点で怪しいですし、無限に武士道カウンターを溜めれたとしてもそのターンに相手の場は1枚しか除去出来ないため、直接勝利に直結するかというと難しいものがあるかなと。

ミズホも使えない事は無いけれど、相手倒せるパターンがある方が好きw
11/15 19:35 | 遊戯王事務局回答/考察 | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/765-97172f7e
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。