スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/-- --:-- | スポンサー広告
64スマブラ:相殺の仕様について
64スマブラの話。
このゲームには相殺と言う現象があります。今回はこの相殺について調べました。




■相殺とは
相殺とは、以下の現象のことを指します。スマブラ拳のこいくち操作マニュアル及び秘伝!スマブラ拳七十七技より引用。

攻撃と攻撃が重なった時、その双方の相殺パラメーターがONになっている状態で、なおかつ攻撃力の差が10未満だった場合、相殺が起こってそれぞれの攻撃を打ち消しあう。
相殺がおこった時は、その攻撃に対する反力がつく。その大きさは、相殺した攻撃力が大きければ大きいほど強くなる。

いろいろな攻撃は、ぶつけあった時にその攻撃力の差が
10以下だった場合に、相殺することができる。
ねらってやる実用性は少なめだけど、飛び道具を壊したりするのは
充分アピール性がある。
ファイアボールぐらいなら、弱攻撃で充分相殺可能だ。
ただし、空中攻撃など相殺無効のものもあるので要注意。

基本仕様としては、自分の攻撃力-10%以上のワザとぶつかった場合、相殺モーションが発生し、一定時間無防備になります。
スマブラ拳においては攻撃力の差が10未満という書かれ方をしていますが、実は10%以上の開きがあった場合でも、攻撃力の低い側は相殺が起こっています。ただ、基本的にはヒットストップが終わった瞬間の相殺モーション1フレーム目に相手の攻撃がヒットしてしまうので結果として相殺が起こってないのと同じ様に見えます。

飛び道具を打ち消すアレも相殺。飛び道具に対しては地上ワザ、空中ワザ、飛び道具なんでも相殺可能です。
空中Aワザは相殺が絶対に起こりません。片方が空中Aワザである場合、もう片方が地上ワザであっても相殺モーションは発生しません。必ず「どちらかが一方的に打ち勝つ」「お互いに相打ちになる」の結果になります。




■相殺硬直について
相殺モーションの硬直時間は、その時出した攻撃ワザの攻撃力に依存します。攻撃力が高ければ高い程、硬直時間は長くなります。
この相殺硬直フレームを求める計算式は、最近見つかりました。MEGUさんと私で出したよ(´∀`

注意点としては、相殺が起こる場合には相殺モーションに入る前にヒットストップの時間も存在するので、全体の硬直時間はヒットストップ計算式+相殺硬直計算式となりますから、忘れず計算しましょうってところでしょうか。
ちなみにこの場合のヒットストップ計算式は、そのワザが電気属性であろうが関係なく通常のヒットストップ計算式を適用します。

・ヒットストップ計算式
【攻撃力÷3+3(小数点以下切り捨て)】

・相殺硬直フレーム計算式
【攻撃力×1.75+4(小数点以下切り上げ)】

例:カービィの横スマッシュとファルコンの下強が相殺した場合
▼カービィの横スマッシュ(17%)
17%のヒットストップ=8F
17%の相殺硬直=34F
合計42F操作不能

▼ファルコンの下強(11%)
11%のヒットストップ=6F
11%の相殺硬直=24F
合計30F操作不能

43-31=12
ファルコン側12F有利




■相殺できないモノ
基本的な仕様は以上の様なものになりますが、これからは細かいお話。
前述の通り、このゲームでは相殺が起こらないワザというものがあります。
空中攻撃なんかは全てそれに当てはまり、地上ワザの判定をぶつけたとしても、地上ワザ側も絶対に相殺モーションが発生しません。

このお互いに相殺モーションが絶対に発生しないモノをここでは「空中攻撃判定」と呼びます。
また、それとは別に地上ワザをぶつけられた場合、地上ワザ側には相殺モーションが起きるが、自分は相殺モーションが発生せずそのまま攻撃の後隙モーションを行なうものもあります。
主に特定の崖登り攻撃や起き上がり攻撃等で、その様な現象が発生します。それをここでは「相殺モーションの無いワザ」と呼ぶことにします。

この相殺モーションが「有る」か「無い」か、はたまた「空中攻撃判定」なのか。
ひと通り調べたのでここに記載しておこうと思います。

・相殺モーションの存在の有or無or空中判定(有・無・空の3つで表記)
キャラ名/崖A(99%↓)/崖A(100%↑)/起A↑/起A↓
LU/空/無/無/無
MA/空/無/無/無
DK/無/空/無/無
LI/有/有/無/有
SA/空/無/無/無
CF/無/無/無/無
NE/空/無/無/無
YO/有/有/無/無
KI/無/無/有/無
FO/無/無/有/有
PI/無/無/有/無
PU/無/無/有/無

・その他相殺モーションの存在しないワザ
フォックスのリフレクター
ピカチュウのかみなり(衝撃波)
プリンのねむる


それぞれのキャラの、崖登り攻撃(99%以下、100%以上)、起き上がり攻撃(仰向け、うつ伏せ)の仕様一覧です。
注目して欲しいのが、ルイージマリオサムスネスの99%以下の崖登り攻撃です。
これらのキャラクター達は実は空中攻撃判定になっており、絶対に相殺が起こりません。必ず打ち勝つか撃ち負けるかします。
そして起き上がり攻撃の攻撃判定発生まで全身無敵が残っているので、攻撃判定発生時を合わせれば全ての攻撃に必ず勝つことになります。とても強いです。ここ超重要!
DKの100%以上も空中判定だけど発生遅すぎてゴミすぎるので使えない!
リンクやヨッシーの場合は崖登り攻撃が相殺するワザになっているので、たまに相殺が起きてのけぞった後そのまま崖捕まりになることもありますね。
そして、(ほぼ無いけど)起き上がり攻撃も(向きによっては)リンクピカチュウカービィプリンフォックスは相殺が発生するので、相殺の無いキャラよりは相殺発生した方が隙が短くなるため優秀ということになります。




■そんなこんなで
だいたいお分かり頂けたでしょうか?
相殺という要素ひとつとっても、結構面白い仕様になっていますよね。
私はこの調査で、ただでさえ倒しづらいサムスが99%以下で崖捕まってたらもう詰めるの無理なんじゃないかと思い始めましたw

おわり!
02/13 02:43 | スマブラ | CM:0 | TB:0
お名前

ホームページ

コメント

パスワード
   
http://snaketales.blog64.fc2.com/tb.php/984-13f1446d
* トラックバック *
template design by takamu
Copyright © 2006 すねーくはーと All Rights Reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。